Nature ハイライト

Cover Story: 一年の間に起こった10の物語:2011年に話題となった人たち

Nature 480, 7378

今週号では、2011年に科学研究に大きな影響を及ぼした話題の10人を選び、「Nature’s 10」として紹介する。Natureが選んだ10人は、OPERA実験コーディネーターである物理学者のDario Autiero、「70億人目の赤ちゃんたち」のひとりであるDanica M Comacho、米国環境保護局長官のLisa Jackson、放射線体内被曝の専門家として国会で意見を述べた児玉龍彦、CERNの技術者Mike Lamont、「リンの代わりにヒ素を使う生物」発見の論文をブログで批判した微生物者のRosie Redfield、「表皮電子装置」を開発した物理学者で起業家でもあるJohn Rogers、太陽系外惑星の研究を行っている天文学者のSara Seager、エジプト暫定内閣の元首相であるEssam Sharaf、および長期にわたる論文データ捏造が話題となった社会心理学者のDiederik Stapelである。彼らが科学にどう寄与したのか、それについてはp.437をご覧いただきたい。(News Feature p.437)

2011年12月22日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度