Nature ハイライト

発生: 成長のために準備された細胞周期

Nature 480, 7375

植物や無脊椎動物の成長する細胞では、細胞分裂を起こさずにDNA複製を何度も繰り返す、「エンドサイクル」と呼ばれる単純化された変型の細胞周期が広く用いられている。今回、ショウジョウバエ(Drosophila)でのエンドサイクルが、転写因子E2F1の振動に依存することが報告された。E2F1はサイクリンE/Cdk2の細胞周期活性を促進し、ユビキチンリガーゼによりS期に分解される。この新規の細胞周期振動子にかかわる調節性相互作用は、動物と植物で保存されており、この機構の構成成分がほとんどの成長依存的細胞周期で働くことを示唆している。

2011年12月1日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度