Nature ハイライト

神経:タイミングが神経フィルターになる

Nature 479, 7374

ゼブラフィッシュや他の動物種の嗅球ニューロンはにおい刺激に対して複雑な発火パターンで応答し、この発火には振動成分と非振動成分が含まれるが、これらの成分それぞれに機能上どのような重要性があるかはわかっていない。R Friedrichたちは、ゼブラフィッシュで光遺伝学的手法を用い、嗅皮質に相当する脳領域である後部背側終脳(Dp)で、嗅球の振動活動の下流での読み出しを直接調べた。Dpニューロンは、同期的振動活動にはほとんど感受性を示さなかったが、定常期活動には応答した。この知見は、Dpニューロンの低域通過フィルターに似た生物物理学的特性によって説明されると考えられ、フィルター機能がどのようにして神経符号から各成分を抽出できるかを明らかにしている。

2011年11月24日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度