Nature ハイライト

生理:虚血時の血液供給を促進する

Nature 479, 7371

細胞内酸素を感知する酵素であるPHD2は、酸素を使って低酸素誘導因子1αを分解する。竹田征治たちは今回、肢虚血のマウスモデルを用いて、PHD2による酸素感知をマクロファージ表現型と動脈形成に関連付けた。骨髄系細胞特異的なPHD2ヘテロノックアウトによって、マクロファージでのNF-κBシグナル伝達の過剰活性化とM2様の損傷修復表現型の促進が引き起こされるため、虚血後の動脈形成が向上することが明らかになった。このことは、四肢や心臓に虚血のリスクがある患者ではPHD2の抑制により側副血管形成を促進できる可能性を示唆している。

2011年11月3日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度