Nature ハイライト

生理:日の目を見た哺乳類瞳孔の光感受性

Nature 479, 7371

哺乳類の虹彩が光に応答して縮小するには、網膜と脳をつなぐ神経回路が必要と考えられてきた。今回Yauたちは、広範な種類の哺乳類で眼の瞳孔そのものに光感受性が本来備わっているという意外な結果を報告している。マウスなどの夜行性の哺乳類から単離した虹彩筋は、光が当たるとメラノプシンがかかわるシグナル伝達経路の作用を介して収縮するが、霊長類から単離した虹彩筋では収縮が起こらない。このシグナル伝達経路は、網膜のこれに相当する経路と部分的に重複している。これまで、内因性の瞳孔反射は、魚類、両生類、鳥類などの下等脊椎動物だけに見られる特性と考えられていた。

2011年11月3日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度