Nature ハイライト

免疫:自然免疫におけるカスパーゼ11の重要な役割

Nature 479, 7371

カスパーゼ11はカスパーゼ1と相同性があることから、炎症誘導性であるとずっと考えられてきたが、その実際の役割は不明のままだった。今回V Dixitたちは、さまざまな病原性グラム陰性細菌によるインフラマソーム活性化にカスパーゼ11が重要な役割を持つことを報告し、リポ多糖の毒性が、以前に考えられていたカスパーゼ1ではなく、カスパーゼ11に依存することを明らかにしている。この研究により、細菌感染に対する自然免疫応答でのカスパーゼ11の炎症誘導性の役割がはっきりした。

2011年11月3日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度