目次

Editorial

発展途上国にも情報技術の恩恵が広がりつつあるが、政府や先進国の取り組み方次第で、さらに大きな成果が上がるだろう。

The e-developing world p.535

doi: 10.1038/432535a

News

FDAが薬剤の副作用を指摘した論文の発表を妨害したとの批判が出され、医薬品の安全性監視体制の改革を求める声が。

Suppressed study raises spectre of flawed drug regulation in US p.537

doi: 10.1038/432537a

国際熱核融合実験炉(ITER)の建設地選定をめぐり、EUが単独建設も辞さないと強硬な姿勢。

Europe breaks ranks over fusion project site p.538

doi: 10.1038/432538a

大西洋まぐろ類保存国際委員会が、資金難を理由にクロマグロの資源調査を見送り。

Plans to track tuna canned amid claims of cash shortfall p.539

doi: 10.1038/432539a

日本原燃と青森県が安全性協定を締結し、核燃料再処理施設が試験的操業へ。

Nuclear agreement paves way for fuel recycling in Japan p.539

doi: 10.1038/432539b

News Features

病気の流行:最前線からの急報

Dispatches from the front line p.544

病気の流行の情報をできるだけ速く伝えようと、1994年にProMED-mailシステムが始まった。

doi: 10.1038/432544a

研究助成:ダビデとゴリアテ

David versus Goliath p.546

助成の対象が、個々の研究プロジェクト自体から技術、手法、機器の開発へ、単独での研究から共同研究へとシフトしてきているが、大型プロジェクトの時代は終わったのだろうか。

doi: 10.1038/432546a

News & Views

気候変動:2003年酷暑の夏

Hot news from summer 2003 p.559

2003年にヨーロッパを襲った熱波は、気象上の稀なできごと、あるいは来るべき気候変動のさきがけというだけのものだったのだろうか。その両方だったというのがどうやら正解らしい。また、この現象への人間活動の影響が定量化された。highlights 参照。

doi: 10.1038/432559a

情報科学:量子計算の誤り訂正

Quantum errors corrected p.560

「量子誤り訂正」という言葉は、もっと改良できる装置の技術的な修理のことを言っているように聞こえるかもしれない。ところが、これは実はさまざまな可能性を持つ、基礎物理学のおもしろい問題なのである。highlights 参照。

doi: 10.1038/432560a

考古学:予想外に大いなる遺産

Greater expectations p.561

ウルグアイの古代村落の予想外の複雑性を示す証拠が得られたことは、南米低地域という辺境における前史時代の発展に関する一般的な見解にさらなる痛撃を与えるものである。letters, p.614 参照。

doi: 10.1038/432561a

細胞骨格:紡錘体の物語

Spindle saga p.563

細胞分裂の際に染色体を分離する装置を組み立てるのに必要なのはタンパク質だけだと一般的には考えられてきた。ところが、新しい分子の必要性が明らかになったのである。letters, p.645 参照。

doi: 10.1038/432563a

細胞分裂:細胞周期の核心

The heart of the cycle p.564

細胞が増殖するには、自身の遺伝物質を複製し、それを2つの娘細胞に分配しなくてはならない。これら2つの過程の間の調節を行っているのが永続的に働く分子振動体であることがわかった。articles, p.588 参照。

doi: 10.1038/432564a

ニュートリノでダークエネルギーを探る

p.567

宇宙の加速的膨張を押し進めるのがダークエネルギーである。だが、ダークエネルギーとは一体何だろう。ダークエネルギーがニュートリノの性質に及ぼす影響は観測可能と考えられるので、謎のエネルギーの性質の一端が明らかになるかもしれない。

doi: 10.1038/fake191

宇宙論:ニュートリノでダークエネルギーを探る

Neutrino probes of dark energy p.567

宇宙の加速的膨張を押し進めるのがダークエネルギーである。だが、ダークエネルギーとは一体何だろう。ダークエネルギーがニュートリノの性質に及ぼす影響は観測可能と考えられるので、謎のエネルギーの性質の一端が明らかになるかもしれない。

doi: 10.1038/432567a

細胞生物学:クラスリンの「アキレスのかかと」

Clathrin's Achilles' ankle p.568

タンパク質であるクラスリンは細胞膜から出芽する輸送小胞の被覆となる格子状の構造を作る。輸送小胞が形成されるとこの被覆は速やかに解体されるが、解体過程にかかわる相互作用が、格子構造の高分解能でのモデルから明らかになった。articles, p.573, letters, p.649 参照。

doi: 10.1038/432568a

Articles

生化学:低温電子顕微鏡観察から得られた完全なクラスリン格子の分子モデル

Molecular model for a complete clathrin lattice from electron cryomicroscopy p.573

doi: 10.1038/nature03079

神経:シナプス部のラミニンとカルシウムチャネルの相互作用による運動神経終末活性領域の組織化

A synaptic laminin-calcium channel interaction organizes active zones in motor nerve terminals p.580

doi: 10.1038/nature03112

生化学:後期促進複合体の自律制御によって有糸分裂とS期の開始が共役する

Autonomous regulation of the anaphase-promoting complex couples mitosis to S-phase entry p.588

doi: 10.1038/nature03023

Letters

宇宙:超新星残骸カシオペアAには存在しなかった低温ダスト

No cold dust within the supernova remnant Cassiopeia A p.596

doi: 10.1038/nature03110

宇宙:離心率の大きな楕円軌道をもつ遠方の太陽系天体の起源としての星同士の遭遇

Stellar encounters as the origin of distant Solar System objects in highly eccentric orbits p.598

doi: 10.1038/nature03136

量子情報科学:量子誤り訂正の実現

Realization of quantum error correction p.602

doi: 10.1038/nature03074

環境:グリーンランドのJakobshavn Isbræ氷河の流動速度における大きな変動

Large fluctuations in speed on Greenland's Jakobshavn Isbræ glacier p.608

doi: 10.1038/nature03130

気候:2003年のヨーロッパの熱波に対する人間活動の寄与

Human contribution to the European heatwave of 2003 p.610

doi: 10.1038/nature03089

考古:ラプラタ盆地で完新世中期に栽培品種の採用と複雑な社会の出現があったことを示す証拠

Evidence for cultivar adoption and emerging complexity during the mid-Holocene in the La Plata basin p.614

doi: 10.1038/nature02983

進化:Trichomonasのヒドロゲノソームはミトコンドリア複合体IのNADHデヒドロゲナーゼ・モジュールを有している

Trichomonas hydrogenosomes contain the NADH dehydrogenase module of mitochondrial complex I p.618

doi: 10.1038/nature03149

微生物学:クラミディアに近縁の細胞内共生細菌の候補NAD+輸送体

A candidate NAD+ transporter in an intracellular bacterial symbiont related to Chlamydiae p.622

doi: 10.1038/nature03131

発生:ヘマンジオブラストの運命拘束はマウス胚の原条で開始される

Haemangioblast commitment is initiated in the primitive streak of the mouse embryo p.625

doi: 10.1038/nature03122

遺伝:トウモロコシの形作りにおけるbarren stalk1遺伝子の役割

The role of barren stalk1 in the architecture of maize p.630

doi: 10.1038/nature03148

細胞:癌原遺伝子BCL6は胚中心のB細胞におけるp53の発現を抑制する

The BCL6 proto-oncogene suppresses p53 expression ingerminal-centre B cells p.635

doi: 10.1038/nature03147

細胞:Seladin-1による発癌ストレスと酸化ストレスに対する細胞応答の調節

Regulation of cellular response to oncogenic and oxidative stress by Seladin-1 p.640

doi: 10.1038/nature03173

細胞:紡錘体形成と構造にはポリ(ADP-リボース)が必要である

Poly(ADP-ribose) is required for spindle assembly and structure p.645

doi: 10.1038/nature03061

生化学:auxilinと結合したクラスリン被覆の構造と脱被覆機構に果たす役割

Structure of an auxilin-bound clathrin coat and its implications for the mechanism of uncoating p.649

doi: 10.1038/nature03078

「Journal home」に戻る

プライバシーマーク制度