Research press release

気候変動:さらなる増加が予想される米国沿岸域の極端な洪水

Scientific Reports

Climate change: Extreme coastal flooding events in the US expected to rise

米国の一部の沿岸地域では、予想されているように海面上昇が続けば、極端な洪水が発生する確率が5年ごとに倍増する可能性があることを示唆する論文が、Scientific Reports に掲載される。現在のような「一生に一度起こるような」極端に高い海面水位は、50年に一度の現象になっているが、21世紀末までには、米国の海岸線のほとんどの部分で、この水位を毎日上回るようになるという見解が示されている。

今回、Mohsen Taherkhani、Sean Vitousekと米国地質調査所、イリノイ大学シカゴ校、ハワイ大学の研究者は、米国の海岸線沿いに配置された検潮所(202か所)での測定結果から極端に高い海面水位の発生頻度を調べ、このデータを海面上昇シナリオと組み合わせて、今後の洪水現象の増加率をモデル化した。

今回、Mohsen Taherkhani、Sean Vitousekと米国地質調査所、イリノイ大学シカゴ校、ハワイ大学の研究者は、米国の海岸線沿いに配置された検潮所(202か所)での測定結果から極端に高い海面水位の発生頻度を調べ、このデータを海面上昇シナリオと組み合わせて、今後の洪水現象の増加率をモデル化した。

今回の研究に使用された検潮所の測定結果の73%で、50年に一度起こるような極端に高い海面水位と1日最大潮位の平均値との水位差は、1メートル未満であることが分かったが、大部分の海面上昇予測では、この水位差が2100年までに1メートルを超えるとされている。Taherkhaniたちのモデルでは、2050年までに米国の沿岸地域の70%で、現在の極端に高い海面水位が50年に一度起こる「一生に一度の」洪水現象から年一度起こる洪水現象に移行することが予測されており、2100年末までには、測定地点の93%で「一生に一度の」極端に高い海面水位を超える水位がほぼ毎日測定されることが予測されている。

今回の研究で得られたデータからは、現在の極端に高い海面水位が今後数十年のうちに一般的な現象になることが示唆されている。そのように最もなりやすいのが低緯度地域とされ、沿岸洪水の発生確率は5年ごとに倍増すると予測されている。そして、最も影響を受けやすい測定地点であるハワイ島沿岸とカリブ海沿岸では、極端に高い海面水位の発生確率は、海面水位が1センチメートル上昇するごとに倍増すると考えられている。

このことに関連した沿岸地域のハザード(例えば、海岸と崖の浸食)は、洪水リスクの増加と足並みをそろえて加速する可能性が高いとTaherkhaniたちは考えている。

Extreme flooding events in some US coastal areas could double every five years if sea levels continue to rise as expected, a study published in Scientific Reports suggests. Today’s ‘once-in-a-lifetime’ extreme water levels — which are currently reached once every 50 years — may be exceeded daily along most of the US coastline before the end of the 21st century.

Mohsen Taherkhani, Sean Vitousek and colleagues at the U.S. Geological Survey, the University of Illinois at Chicago, and the University of Hawaii, investigated the frequency of extreme water levels measured by 202 tide gauges along the US coastline and combined the data with sea-level rise scenarios to model the rate at which flooding events may increase in the future.

For 73% of the tide gauges used in the study, the difference in water level between the 50-year extreme water level and the daily average highest tide was found to be less than one metre, and most sea-level rise projections exceed one metre by 2100. The authors’ model predicted that before 2050, current extreme water levels transitioned from 50-year, once-in-a-lifetime flooding events to annual events in 70% of US coastal regions. Before the end of 2100, once-in-a-lifetime extremes were predicted to be exceeded almost daily for 93% of the sites measured.

The data suggest that present-day extreme water levels will become commonplace within the next few decades. Low-latitude areas will be the most susceptible, with their rate of coastal flooding predicted to double every five years. At the most susceptible sites, along the Hawaiian and Caribbean coast, the rate at which extreme water levels occur may double with every centimetre of sea-level rise.

Associated coastal hazards, such as beach and cliff erosion, will likely accelerate in concert with the increased risk of flooding, suggest the authors.

doi: 10.1038/s41598-020-62188-4

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度