Research Abstract

早期のワクチン接種が小児白血病を防ぐ:系統的再検討とメタ解析

Early vaccination protects against childhood leukemia: A systematic review and meta-analysis

2017年11月22日 Scientific Reports 7 : 15986 doi: 10.1038/s41598-017-16067-0 (2017)
早期のワクチン接種が小児白血病を防ぐ:系統的再検討とメタ解析
拡大する

白血病は小児がんの中では最も診断されることが多いが、その病因はいまだほとんど解明されていない。急性リンパ性白血病(ALL)の病因に感染が役割を担っていることを裏付ける証拠が集まってきており、また、免疫系が関与することからワクチン接種も役割を担っている可能性が考えられている。しかし、発表された文献に示された知見には矛盾がある。従って我々は、PRISMA(Preferred Reporting Items for Systematic Reviews and Meta-analyses)に基づき系統的再検討とメタ解析を行った。14の研究を見つけ出して、メタ解析を行った。研究を行ったワクチン接種は、BCG(Bacillus Calmette-Guérin)ワクチン、三種混合ワクチン、B型肝炎ワクチン(HBV)、ポリオワクチン、麻疹ワクチン、風疹ワクチン、流行性耳下腺炎ワクチン、三価MMRワクチン、インフルエンザ菌(Haemophilus influenza)B型(HiB)ワクチンである。生後1年間のいずれかのワクチン接種と小児白血病のリスクの間に保護的関連が観察された(要約オッズ比(OR) 0.58[95%信頼区間(CI) 0.36-0.91])。各ワクチンについて解析すると、BCGについてのみある程度の関連を示す証拠が得られた(要約OR 0.73[95%CI 0.50-1.08])。結論として、早期のワクチン接種は小児白血病のリスク低減に関連していると考えられた。この知見は、BCGについて観察された関連によって裏付けられるかもしれない。このメタ解析の結果は相対的に不正確な性質であることを考えると、我々の知見は、さらなる研究によって注意深く解釈され、追試されるべきである。

Mostafa Ebraheem Morra, Nguyen Dang Kien, Ahmed Elmaraezy, Omar Ayman M. Abdelaziz, Ahmed Lotfy Elsayed, Oday Halhouli, Ahmed Mosaad Montasr, Tran Le-Huy Vu, Chau Ho, Amr Sayed Foly, Anh Phan Phi, Wessam Magdy Abdullah, Marina Mikhail, Elizabeth Milne, Kenji Hirayama and Nguyen Tien Huy

Corresponding Author

平山 謙二
長崎大学大学院 熱帯医学・グローバルヘルス研究科

Leukemia is the most commonly diagnosed childhood cancer, although its etiology is still largely unknown. Growing evidence supports a role for infection in the etiology of acute lymphocytic leukemia (ALL), and the involvement of the immune system suggests that vaccination may also play a role. However, the findings presented in the published literature are inconsistent. Therefore, we conducted a PRISMA systematic review and meta-analysis. 14 studies were identified and meta-analyzed. Vaccinations studied comprised Bacillus Calmette-Guérin (BCG) vaccine, Triple vaccine, Hepatitis B vaccine (HBV), Polio, Measles, Rubella, Mumps, trivalent MMR vaccine and Haemophilus influenza type B (HiB) vaccine. We observed a protective association between any vaccination in the first year of life and risk of childhood leukemia (summary odds ratio (OR) 0.58 [95% confidence interval (CI) 0.36–0.91]). When individual vaccines were analysed, some evidence of an association was seen only for BCG (summary OR 0.73 [95% CI 0.50–1.08]). In conclusion, early vaccination appears to be associated with a reduced risk of childhood leukemia. This finding may be underpinned by the association observed for BCG. Given the relatively imprecise nature of the results of this meta-analysis, our findings should be interpreted cautiously and replicated in future studies.

プライバシーマーク制度