Research Abstract

音楽に対する2種類の強烈な情動反応:鳥肌感と涙感の精神生理学

Two types of peak emotional responses to music: The psychophysiology of chills and tears

2017年4月7日 Scientific Reports 7 : 46063 doi: 10.1038/srep46063 (2017)
音楽に対する2種類の強烈な情動反応:鳥肌感と涙感の精神生理学
拡大する

人は時として芸術作品に対して強烈な情動反応を経験する。これまでの研究から、音楽を聴いたときに喚起される「鳥肌感(chill;鳥肌が立ったり背筋がぞくぞくしたりする感覚)」という強烈な情動反応には、精神生理学的な覚醒や、ある種の報酬効果が関わっていることが明らかになっている。しかし、強烈な情動の多くの側面はまだ解明されていない。本研究では新しい観点として、「涙感(tear;涙ぐむ、胸がいっぱいになる感覚)」という強烈な情動反応を考える。精神生理学実験から、自己報告された鳥肌感と涙感は快感と深い呼吸を引き起こすという点では共通しているものの、鳥肌感は皮膚伝導活動と主観的覚醒を増大させ、涙感は心拍数が増大している最中に呼吸数を低下させるという異なる応答を示すことが明らかになった。鳥肌感を喚起した歌に対しては喜びも悲しみも感じられたが、涙感を喚起した歌に対しては悲しみのみが強く感じられた。さらに、涙感を喚起した歌は、鳥肌感を喚起した歌に比べてより沈静だと感じられた。これらの結果は、涙感には悲しみに起因する快感が含まれることや、涙感が精神生理学的に沈静をもたらすことを示している。したがって、精神生理学的な反応から鳥肌感と涙感の区別が可能である。涙感はカタルシス効果を持つ可能性があるので、報酬効果を示す鳥肌感と機能的意義は異なっていると考えられる。2種類の強烈な情動のこのような区別は理論的に妥当であり、涙感のさらなる研究は人の強烈な情動反応の解明を進めるために役立つと我々は考える。

Kazuma Mori and Makoto Iwanaga

Corresponding Author

森 数馬
情報通信研究機構 脳情報通信融合研究センター(CiNet)

People sometimes experience a strong emotional response to artworks. Previous studies have demonstrated that the peak emotional experience of chills (goose bumps or shivers) when listening to music involves psychophysiological arousal and a rewarding effect. However, many aspects of peak emotion are still not understood. The current research takes a new perspective of peak emotional response of tears (weeping, lump in the throat). A psychophysiological experiment showed that self-reported chills increased electrodermal activity and subjective arousal whereas tears produced slow respiration during heartbeat acceleration, although both chills and tears induced pleasure and deep breathing. A song that induced chills was perceived as being both happy and sad whereas a song that induced tears was perceived as sad. A tear-eliciting song was perceived as calmer than a chill-eliciting song. These results show that tears involve pleasure from sadness and that they are psychophysiologically calming; thus, psychophysiological responses permit the distinction between chills and tears. Because tears may have a cathartic effect, the functional significance of chills and tears seems to be different. We believe that the distinction of two types of peak emotions is theoretically relevant and further study of tears would contribute to more understanding of human peak emotional response.

プライバシーマーク制度