Research Abstract

チンパンジー(Pan troglodytes)による顔の効率的な探索  OPEN ブックマーク

Efficient search for a face by chimpanzees (Pan troglodytes)

2015年7月16日 Scientific Reports 5 : 11437 doi: 10.1038/srep11437 (2015)

顔は、社会生活を送るヒトやヒト以外の霊長類にとって極めて重要な視覚刺激の1つである。近年の比較認知研究の進展から、チンパンジーとヒトは、顔の情報を全体もしくは目・鼻・口などのパーツの空間的配置で捉えるという特別なやり方で処理していることが明らかになっている。どちらの種も、顔を倒立画像で提示すると知覚や認知の効率が低下する「顔の倒立効果」が見られる。さらに、近年の研究で、ヒトは顔以外の多数の画像と共に提示されたヒトの顔を素早く見つけ出せることが明らかになっている。今回われわれは、チンパンジーが、顔以外の画像と共に提示されたチンパンジーの顔を極めて効率的に見つけ出せることを報告する。この効率的な探索は自分と同じ種の顔に限定されてはいなかった。実験に参加したチンパンジーたちは、ヒトの成人や赤ん坊の顔も効率的に見つけ出したが、ニホンザルの顔は効率的に見つけ出せなかった。さらなる実験で、正面の顔のほうが横顔よりも容易に見つけ出せることが分かり、このことから、互いに目を合わせるアイコンタクトの重要性が示唆された。チンパンジーは、バナナの写真も顔と同じくらい効率的に見つけ出したが、追加で行ったテストから、バナナは主に低次の特徴(色など)によって見つけ出していることがはっきり示された。顔の効率的な検出は倒立提示によって妨げられたことから、ヒトでもチンパンジーでも、顔に特異的な情報処理が、顔の効率的な検出に不可欠な要素になっていると考えられる。この結論は、サリエンシー(顕著性)モデルを用いた単純なシミュレーション実験によって裏付けられた。

Masaki Tomonaga & Tomoko Imura

Corresponding Author

友永 雅己
京都大学 霊長類研究所

The face is quite an important stimulus category for human and nonhuman primates in their social lives. Recent advances in comparative-cognitive research clearly indicate that chimpanzees and humans process faces in a special manner; that is, using holistic or configural processing. Both species exhibit the face-inversion effect in which the inverted presentation of a face deteriorates their perception and recognition. Furthermore, recent studies have shown that humans detect human faces among non-facial objects rapidly. We report that chimpanzees detected chimpanzee faces among non-facial objects quite efficiently. This efficient search was not limited to own-species faces. They also found human adult and baby faces-but not monkey faces-efficiently. Additional testing showed that a front-view face was more readily detected than a profile, suggesting the important role of eye-to-eye contact. Chimpanzees also detected a photograph of a banana as efficiently as a face, but a further examination clearly indicated that the banana was detected mainly due to a low-level feature (i.e., color). Efficient face detection was hampered by an inverted presentation, suggesting that configural processing of faces is a critical element of efficient face detection in both species. This conclusion was supported by a simple simulation experiment using the saliency model.

プライバシーマーク制度