Research Abstract

ヒトにおいて無意識的および意識的な情動が刺激報酬連合学習に及ぼす影響  OPEN ブックマーク

Effects of subconscious and conscious emotions on human cue–reward association learning

2015年2月16日 Scientific Reports 5 : 8478 doi: 10.1038/srep08478 (2015)

ヒトの日常生活では、入力情報の多くが情動的で、当座の行動目標とは無関係であるような状況の中で自身の行動を絶えず変化させる必要に迫られる。そうした情報は多くの場合、無意識的に処理されている。このことから、目標と無関係な情動的情報(周囲の社会的雰囲気など)に無意識的に曝されることが学習に影響を及ぼすかどうかという、興味深い疑問が生じる。今回我々はこの問題に取り組むため、報酬予期刺激を提示する前に、無意識的もしくは意識的なレベルで顔の表情を提示した場合に、刺激報酬連合学習が変化するかどうかを調べた。すると、情動信号が無意識的(0.027秒および0.033秒)でも意識的(0.047秒)でも学習率は上昇したのに対し、この学習率上昇は意識の時間的境界(0.040秒)で最小値、ほぼ0を取った。これらのデータから、刺激報酬連合学習においては無意識的および意識的な情動信号情報処理が価値の更新を増進すること、さらに、こうした無意識的な増強の基盤にある計算過程は、意識的な計算過程から少なくとも部分的に切り離せることが示唆された。

Noriya Watanabe & Masahiko Haruno

Corresponding Author

春野 雅彦
脳情報通信融合研究センター 脳情報通信融合研究室

Life demands that we adapt our behaviour continuously in situations in which much of our incoming information is emotional and unrelated to our immediate behavioural goals. Such information is often processed without our consciousness. This poses an intriguing question of whether subconscious exposure to irrelevant emotional information (e.g. the surrounding social atmosphere) affects the way we learn. Here, we addressed this issue by examining whether the learning of cue-reward associations changes when an emotional facial expression is shown subconsciously or consciously prior to the presentation of a reward-predicting cue. We found that both subconscious (0.027 s and 0.033 s) and conscious (0.047 s) emotional signals increased the rate of learning, and this increase was smallest at the border of conscious duration (0.040 s). These data suggest not only that the subconscious and conscious processing of emotional signals enhances value-updating in cue–reward association learning, but also that the computational processes underlying the subconscious enhancement is at least partially dissociable from its conscious counterpart.

プライバシーマーク制度