Research Abstract

動的なネットワークに基づくスポーツ選手・チームのランキング手法

A network-based dynamical ranking system for competitive sports

2012年12月5日 Scientific Reports 2 : 904 doi: 10.1038/srep00904 (2012)

1本の有向辺が1試合の勝敗を表すようなネットワークを考える。すると、スポーツ選手やチームのランキングを、ネットワーク中の頂点の中心性指標と見なすことができる。ネットワークに基づくランキングシステムの先行研究は、静的なネットワーク、すなわち、一定の期間にわたって試合結果をまとめて得られるネットワークに依拠していた。しかし、選手(またはチーム)の強さは時とともに変動する。直観的に考えても、絶頂期の有名選手に勝つことは、別の時期にその選手に勝つことよりも高い価値を持つであろう。そこで、我々は動的なネットワークに基づくランキング手法を提案した。特に、新しい試合結果が得られるたびに各選手の強さ変数を更新するような、線形の更新式が得られた。このランキング手法を男子プロテニスのデータに適用したところ、既存の静的なランキング手法よりも高精度で将来の試合結果を予測することがわかった。

茂木 隼1 & 増田 直紀1, 2

  1. 東京大学 大学院情報理工学系研究科
  2. 独立行政法人 科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 さきがけ(JST-PRESTO)

From the viewpoint of networks, a ranking system for players or teams in sports is equivalent to a centrality measure for sports networks, whereby a directed link represents the result of a single game. Previously proposed network-based ranking systems are derived from static networks, i.e., aggregation of the results of games over time. However, the score of a player (or team) fluctuates over time. Defeating a renowned player in the peak performance is intuitively more rewarding than defeating the same player in other periods. To account for this factor, we propose a dynamic variant of such a network-based ranking system and apply it to professional men's tennis data. We derive a set of linear online update equations for the score of each player. The proposed ranking system predicts the outcome of the future games with a higher accuracy than the static counterparts.

プライバシーマーク制度