Research Abstract

熱狂者が導く協力の進化

Evolution of cooperation driven by zealots

2012年9月10日 Scientific Reports 2 : 646 doi: 10.1038/srep00646 (2012)

社会的ジレンマゲームの最近の被験者実験により、協力が伝染すること、また、進化ダイナミクス(すなわち模倣)に作用する選択圧が比較的弱いことが示唆されている。本論文では、そのような実験的知見と協力の進化とを結びつける数理モデルを提案する。少数の(不完全な)熱狂的協力者を想定することにより、社会的ジレンマゲームの進化ダイナミクスにおいて高い協力率が実現されうることを明らかにした。多くの個人にとって協力よりも裏切りのほうが有利であっても、選択圧がきわめて強くなければ、他人の協力行動が模倣される場合も多い。この状況下にある標準的な進化ダイナミクスのもとでは、熱狂的協力者が集団を完全に協力的なものにまで変化させることも可能である。

増田 直紀1

  1. 東京大学大学院 情報理工学系研究科

Recent experimental results with humans involved in social dilemma games suggest that cooperation may be a contagious phenomenon and that the selection pressure operating on evolutionary dynamics (i.e., mimicry) is relatively weak. I propose an evolutionary dynamics model that links these experimental findings and evolution of cooperation. By assuming a small fraction of (imperfect) zealous cooperators, I show that a large fraction of cooperation emerges in evolutionary dynamics of social dilemma games. Even if defection is more lucrative than cooperation for most individuals, they often mimic cooperation of fellows unless the selection pressure is very strong. Then, zealous cooperators can transform the population to be even fully cooperative under standard evolutionary dynamics.

プライバシーマーク制度