Review Abstract

過敏性腸症候群

Irritable bowel syndrome

2016年3月24日 Nature Reviews Disease Primers Article number: 16014 (2016) doi: 10.1038/nrdp.2016.14

過敏性腸症候群
拡大する

過敏性腸症候群(IBS)は、有病率の高い機能性消化管疾患である。本疾患は、消耗状態に陥る例もあるが、軽症または中等度の症状を呈する例もある。最も重要なリスク因子は、女性、若年齢、および消化管感染の持続である。IBSの臨床症状には、他の身体症状、内臓症状および精神症状の併存をはじめ、腹痛または腹部不快感、便通異常および膨満感などがある。現在、IBSの診断は、他の器質性疾患を除外の上、症状に基づいて行われる。治療は、主な症状への薬物療法に加えて栄養療法や心理療法が行われている。発症機序はほとんど明らかにされていないが、上皮の透過性亢進、腸内毒素症、炎症、内臓知覚過敏、エピジェネティクスと遺伝的性質、脳腸相関の異常などが病因因子として考えられている。IBSはQOLに深刻な影響を及ぼし、患者と医師をはじめ医療制度に大きな負担を強いている。IBSなどの機能性腸疾患に関するわれわれの理解は、この10年間に顕著に進展した。このPrimerではこの点についても取りまとめる。

PrimeView
過敏性腸症候群は、軽症例もあるが、消耗状態に陥る場合もある消化管疾患である。このPrimeViewでは、他の要因をはじめ、腸管透過性、微生物叢、炎症および内臓知覚を含む複雑な病因論と分子病態生理学に関して、現在、理解されているものに焦点を合わせる。
本Primerの図解サマリー

Irritable bowel syndrome (IBS) is a functional gastrointestinal disease with a high population prevalence. The disorder can be debilitating in some patients, whereas others may have mild or moderate symptoms. The most important single risk factors are female sex, younger age and preceding gastrointestinal infections. Clinical symptoms of IBS include abdominal pain or discomfort, stool irregularities and bloating, as well as other somatic, visceral and psychiatric comorbidities. Currently, the diagnosis of IBS is based on symptoms and the exclusion of other organic diseases, and therapy includes drug treatment of the predominant symptoms, nutrition and psychotherapy. Although the underlying pathogenesis is far from understood, aetiological factors include increased epithelial hyperpermeability, dysbiosis, inflammation, visceral hypersensitivity, epigenetics and genetics, and altered brain–gut interactions. IBS considerably affects quality of life and imposes a profound burden on patients, physicians and the health-care system. The past decade has seen remarkable progress in our understanding of functional bowel disorders such as IBS that will be summarized in this Primer.

購読のご案内

Nature Reviews Disease Primers、各PrimerのFull Textにアクセスするためには、購読(7,200円/年)が必要です。 すでに当サイトにご登録の方は下記よりログインし購読お手続きにお進みください。サイト登録(無料)がまだの方は、登録後購読お手続きください。

「最新のPrimer」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度