Research press release

フンコロガシをだまして種子を散布させる植物

Nature Plants

Plant tricks dung beetles into spreading its seeds

アンテロープの糞に似た外見と臭いでフンコロガシを誘引する種子をもち、虫に種子を散布させて地中に埋めさせる植物についての報告が、今週のオンライン版に掲載される。その種子は硬く、フンコロガシには何ら報酬をもたらさないことから、これが植物の種子散布における「だまし」の希少な例であることが示唆される。

花、特にランには、他の植物や昆虫に姿を似せて授粉動物を誘引する例が多いが、種子の散布を目的とした擬態の存在については議論があった。

Jeremy Midgleyたちは、デフープ自然保護区(南アフリカ・ケープ地方南部)のCeratocaryum argenteumの堅果 ― 近縁種のものよりも大きくてアンテロープの糞に似た強烈な臭いを放つ ― が散布の補助用に偽装の機能を発揮しているのかについて調べた。

堅果の大きさと質感からは、小型哺乳類によって収集・貯蔵されるのではないかとも考えられるが、この地方では「分散貯蔵」行動を示す小型哺乳類は知られておらず、研究チームが設置したカメラトラップは現地の齧歯類が堅果に見向きもしないことを明らかにした。その代わりに研究チームが見たのは、堅果を遠くまで転がして埋めるフンコロガシ(Epirinus flagellatus)であった。

種子が放つ揮発性化合物を研究チームが分析した結果、その濃度と組成はエランドやボンテボックの糞が放出するものに類似していることが分かった。しかし、堅果は硬すぎるため、フンコロガシが食べたり産卵したりすることはできない。アンテロープの糞に擬態することにより、C. argenteumはフンコロガシをだまして報酬なしで播種させていると考えられる。

A plant with seeds that look and smell like antelope droppings to attract dung beetles, which then disperse and bury the seeds, is described in a paper published online this week in Nature Plants. The study suggests that since the seeds are hard and offer no reward to the dung beetles, this represents a rare example of deception in plant seed dispersal.

Examples of flowers, especially orchids, that look like other plants or insects in order to attract animals that will pollinate them are numerous, but whether mimicry is used to help disperse seeds is controversial.

Jeremy Midgley and colleagues investigated whether the nut seeds of Ceratocaryum argenteum - which are larger than those of related species and give off a pungent smell reminiscent of antelope droppings - in the De Hoop Nature Reserve of the southern Cape of South Africa, serve as a disguise to aid their dispersal.

The size and texture of the nuts suggest that they could be collected and cached by small mammals, but no such mammals that display this ’scatterhoarding' behaviour are known in the region and camera traps set up by the researchers showed indigenous rodents ignoring the nuts. Instead they saw dung beetles (Epirinus flagellatus) rolling nuts away and burying them.

The authors analysed the volatile chemicals given off by the seeds and found that their concentration and composition were similar to those emitted from eland and bontebok dung. However, the nuts are too hard for the beetles to eat or lay eggs in. By mimicking antelope dung, C. argenteum may be tricking the dung beetles into planting their seeds without reward.

doi: 10.1038/nplants.2015.141

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度