RESEARCH ABSTRACT

DNA修復因子dPrp19の広汎な過剰発現がDNA損傷を抑制してDrosophilaの寿命を延長させるブックマーク

Ubiquitous overexpression of the DNA repair factor dPrp19 reduces DNA damage and extends Drosophila life span

2017年3月15日 npj Aging and Mechanisms of Disease 3, Article number:5 (2017) doi:10.1038/s41514-017-0005-z

加齢:DNA修復の改善による寿命の延長

DNA修復因子<i>dPrp19</i>の広汎な過剰発現がDNA損傷を抑制して<i>Drosophila</i>の寿命を延長させる
拡大する

ショウジョウバエは、DNA修復因子Prp19のレベルが上昇すると、寿命が延長してストレスに強くなる。Prp19は、さまざまな生物に存在するタンパク質であり、in vitroではヒト上皮細胞の寿命を延長させる。今回の論文では、Prp19レベルが上昇すると、ショウジョウバエの個体そのものの寿命も延長し、DNAに有害な化合物に暴露されたときのDNA損傷が抑制されて生存率が上昇することを、オーストリア、ドイツ、およびスイスの科学者による国際共同研究チームが明らかにしている。雌のハエとは対照的に、雄には影響が認められなかった。今回の知見は、「加齢の特徴の1つであるDNA損傷を修復することが長寿には重要である」という以前からの見方を支持している。研究チームは、細胞の加齢と個体の生存との興味深くもほとんど理解されていないつながりも示している。

Kathrin Garschall, Hanna Dellago, Martina Gáliková, Markus Schosserer, Thomas Flatt and Johannes Grillari

Aging: Living longer by improving DNA repair
Increasing levels of DNA repair factor Prp19 in fruit flies extends their life span and protects against stress. Prp19 is a protein that is present in a wide range of organisms and enables human endothelial cells to live longer in vitro. In this article, an international team of scientists from Austria, Germany and Switzerland found that higher Prp19 levels also prolong the life span of a whole organism in fruit flies, reduce DNA damage and increase survival when exposed to DNA damaging compounds. In contrast to female flies, males were unaffected. Their findings support the long-held view that repair of DNA damage, one of the hallmarks of aging, is key to longevity. They also provide an intriguing but poorly understood connection between cellular aging and the survival of whole organisms.

npj Aging and Mechanisms of Disease npjamd-footer

プライバシーマーク制度