Research press release

傷の癒合には共同的圧縮が関与している

Nature Physics

Wound closure involves cooperative compression

傷が修復される過程は、これまで考えられていたより複雑であることが、今週のオンライン版で報告されている。こうした知見から、傷の修復を助ける新たな方法の開発が進み、細胞の空間分布と移動によって組織の再生が可能になる仕組みを解明する手掛かりが得られる。

傷の修復は、傷ついた場所に向かってゆっくり移動する細胞によって始まり、治癒過程の後期は、ケーブルに似た生体高分子でできた環の収縮に依存している。この環は、財布のひものように引き締まって細胞の移動を助け、傷ついた場所に細胞を集めると考えられている。

Xavier Trepartたちは、牽引力、つまり細胞がその周囲に及ぼす力を測定して、細胞が傷ついた場所に向かって移動する際に関与する物理的な力を調べた。その結果、治癒の第二段階では、この生体高分子の環が周囲に収縮力を伝えることが示唆された。この力が、細胞外環境を締めつけて、傷ついた場所に向かって移動細胞を進ませるのである。

The process by which wounds are repaired is more complex than was previously thought, reports a paper published online this week in Nature Physics. These findings motivate new strategies for assisted wound repair and provide insight into our understanding of how the spatial distribution and migration of cells enables tissue development.

Wound repair is initiated by cells that crawl towards the injury site, with later stages of the process relying on the contraction of a cable-like ring of biopolymers. This ring is thought to aid cell migration by drawing in like a purse-string to pull cells together over the damaged site.

Xavier Trepart and colleagues use traction force measurements - measurements of the force a cell exerts on its surroundings - to look at the physical forces involved as cells move towards the injury site. They suggest that in the second phase of healing, the biopolymer ring transmits a contractile force to its surroundings. This force compresses the extracellular environment, and steers the migrating cells towards the injury site.

doi: 10.1038/nphys3040

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度