Research press release

ブラックホールを見つける新しい方法

Nature Physics

A new twist on black-hole detection

Nature Physics(電子版)に報告される手法によって、自転するブラックホ−ルを発見できるかもしれない。

一般相対性理論は、ブラックホールには回転しているものがあると予測している。いまだに確認されていないこうした天体は質量が大きく、時空を同じように回転させる。今回B Thideたちは、この時空の大変動は通過する光に痕跡を残し、その痕跡を最新の望遠鏡で検出できる可能性があることを示した。

光には、いわゆる軌道角運動量を持つものがあり、らせん状の形で空間を伝播している。計算によって、自転するブラックホールつまりカー・ブラックホールが存在すると、この形が歪むことが示されている。この歪みを地上で測定すれば、このブラックホールの大きさと回転速度についての情報が得られるかもしれない。

News & Viewsの記事でM Bojowaldは、「一般相対性理論の研究では、新しい現象が見つかって理論をさらに検証できることはまれです」と述べている。

A technique that could enable the detection of spinning black holes is reported online this week in Nature Physics.

General relativity predicts that some black holes rotate. The large mass of these as-yet unidentified objects makes space and time swirl around as well. Bo Thide and his colleagues now show this space-time upheaval can leave a mark on passing light — a signature that could be detected by modern telescopes.

Some forms of light have so-called orbital angular momentum, giving them a corkscrew-like shape as they propagate through space. Calculations show that the presence of a rotating, or Kerr, black hole distorts this shape. Measuring these distortions on Earth could provide information about the size and speed of the black hole.

“It is rare in general-relativity research that a new phenomenon is discovered that allows us to test the theory further,” says Martin Bojowald in an accompanying News & Views article.

doi: 10.1038/nphys1907

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度