Research press release

カメレオンはねばねばした唾液で獲物を捉える

Nature Physics

Chameleons catch food with sticky spit

カメレオンは、人間の唾液よりも粘性が約400倍高い粘液を舌から出し、この粘液によって、この捕食者が最大で体重の3分の1の獲物を捕獲する方法を説明できる可能性があることが、今週のオンライン版で報告される。今回の学際的研究は、実験データと力学モデルを組み合わせて、十分に強い粘着力が、カメレオンの舌と獲物をくっつけてうまく捕獲できる要因となっていることを示している。

カメレオンは、日和見的捕食者で、襲撃できる範囲内に活動的な獲物がいることを感知するまで、動かずに隠れている。カメレオンが舌を突き出す動作が、最大で体長の2倍離れた獲物まで届くことは、よく分かっている。しかし、舌を獲物に付着させる方法はまだよく分かっておらず、吸引や、獲物と舌の粗い表面に橋を架けてつなぐ機構など、いくつかのモデルが提案されている。

Pascal Dammanたちは今回、カメレオンの舌先に隠れた粘液の粘性を測定し、こうした別の要因がなくても、カメレオンの粘液の付着性で十分である可能性を示している。著者たちは、この測定結果に基づいて、舌が粘液の高い粘性を利用して、さまざまなカメレオン種の観察結果をしのぐ機構で獲物を捕獲する方法を記述するモデルを構築した。粘液の粘性が高く、獲物と舌の接触面積が大きいため、粘着力は捕獲される獲物のサイズを制限する要因とはならないと、著者たちは結論付けている。

Chameleons produce mucus on their tongue that is about 400 times more viscous than human saliva, which might explain how these predators can capture prey up to a third of their body weight, reports a paper published online this week in Nature Physics. The multidisciplinary study combines experimental data with a mechanical model to show that viscous adhesion is sufficient to account for the bond between the chameleon’s tongue and its prey during successful capture.

Chameleons are opportunistic predators that remain motionless and hidden until they sense active prey within striking range. The projectile tongue motion they use to reach prey up to distances twice that of their body length is well understood. The means by which the tongue adheres to their prey, however, remains unclear. Several models have been proposed, including suction, and a crosslinking mechanism that implicates the rough surfaces of both prey and tongue.

Pascal Damman and colleagues show that adhesive properties of the chameleon’s mucus may suffice in the absence of these other factors. The team determined the viscosity of the mucus secreted at the chameleon’s tongue pad. Based on this measurement, the authors built a model to describe how the tongue might exploit this high viscosity to capture prey via a mechanism that compares favourably with observations of different chameleon species. The authors conclude that, due to the high mucus viscosity and the large contact area between the prey and the tongue, viscous adhesion is not a limiting factor on the size of captured prey.

doi: 10.1038/nphys3795

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度