Research Abstract

誘導ラマン散乱顕微鏡法を利用して、生きた微細藻類Euglena gracilisの代謝多様性を探索する

Probing the metabolic heterogeneity of live Euglena gracilis with stimulated Raman scattering microscopy

2016年8月1日 Nature Microbiology 1 : 16124 doi: 10.1038/nmicrobiol.2016.124 (2016)
誘導ラマン散乱顕微鏡法を利用して、生きた微細藻類<i>Euglena gracilis</i>の代謝多様性を探索する
拡大する

生きた微細藻類における代謝を理解することは生体材料の効率的な開発にとって非常に重要だが、従来の方法では、生体分子を標識する必要があり、イメージングの速度に限界があるため、運動性の微細藻類の不均一集団を評価することはできなかった。今回我々は、生きた微細藻類Euglena gracilisの代謝産物の無標識・高速分子イメージングおよび様々な培養条件における細胞内代謝産物の分布の統計解析を実証した。我々が開発した手法によって、微細藻類の多様性および不均一性を理解し、培養法を最適化し、変異体微細藻類をスクリーニングするためのさらなる手掛かりが得られると期待する。

Yoshifumi Wakisaka, Yuta Suzuki, Osamu Iwata, Ayaka Nakashima, Takuro Ito, Misa Hirose, Ryota Domon, Mai Sugawara, Norimichi Tsumura, Hiroshi Watarai, Tomoyoshi Shimobaba, Kengo Suzuki, Keisuke Goda & Yasuyuki Ozeki

Corresponding Authors

合田圭介
東京大学大学院 理学系研究科 化学専攻

小関泰之
東京大学大学院 工学系研究科 電気系工学専攻

Understanding metabolism in live microalgae is crucial for efficient biomaterial engineering, but conventional methods fail to evaluate heterogeneous populations of motile microalgae due to the labelling requirements and limited imaging speeds. Here, we demonstrate label-free video-rate metabolite imaging of live Euglena gracilis and statistical analysis of intracellular metabolite distributions under different culture conditions. Our approach provides further insights into understanding microalgal heterogeneity, optimizing culture methods and screening mutant microalgae.

プライバシーマーク制度