Japanese Author

生体分子を「見たい!」

難波 啓一

Nature ダイジェスト Vol. 9 No. 8 | doi : 10.1038/ndigest.2012.120818

筋肉の収縮は、アクチンとミオシンの相互作用で生じる分子レベルの力が積み重なって起こる。このミクロの動きを実際に見たい。難波啓一教授は学生の頃、そう思った。だが、アクチン繊維の太さはわずか10nm。これを見るなんて、ほとんど不可能に近かった。それから30数年、ついにアクチン繊維を「見る」ことに成功。そして、今年、日本学士院賞と恩賜賞を受賞。難波教授にお話をうかがった。

–– Natureダイジェスト:このたびは、学士院賞、恩賜賞受賞おめでとうございます。タバコモザイクウイルス(TMV)、細菌べん毛、アクチン繊維の立体構造の解明はもちろん、そうした生体超分子の構造を高解像度で分析できるようにしたことも、受賞の大きな理由になっていると思いますが。

難波:研究を始めた頃は、X線を使って解析していました。これで、TMVの構造を解析したのですが、べん毛やアクチン繊維の場合、回折像から立体像を再構成するのは、変換の複雑さなどの問題で相当難しいものがあります。そこで、低温電子顕微鏡を使おうと考えました。

図1:難波教授と研究室のメンバー

–– 解像度は、X線ほどではないですよね。

ええ。でも、電子顕微鏡は位相情報が得られるし、分解能は意外と高いんですよ。ただ、強い電子線は生体分子の構造を壊してしまうので、照射量を抑えなければなりません。弱い電子線ではノイズを除去するために、何万枚もの像を収集し、投影方向をそろえる必要があります。そのために分解能を伸ばすのが難しい。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度