Nature ダイジェスト

News Feature

地球上の生物―その現状は?

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2015.150312

原文:Nature (2014-12-11) | doi: 10.1038/516158a | Life – a status report

Richard Monastersky

現在、地球上からは生物種が次々と姿を消しており、次なる大量絶滅の発生も時間の問題ではないかと危惧されている。だが、その深刻さを正確に評価して対策を講じるのに必要な現状把握は、実際のところ極めて難しい。

「絶滅の脅威にさらされる生物」PDF
絶滅危惧IA類のタターサルシファカ(Propithecus tattersalli)。

Getty Images

絶滅危惧IB類のタンチョウ(Grus japonensis)。

Getty Images

絶滅危惧IB類のナガレアマガエル(Litoria nannotis)。

Getty Images

過去35億年の間に地球上に生息した全ての生物種のうち、95%以上がすでに姿を消しており、その多くは「大量絶滅」と呼ばれる大規模な絶滅事象で失われた。こうした過去の絶滅事象については、研究者の間で見解がほぼ一致しているが、現存する全生物種の数や、それらが今後どのくらいの速さで消えていくかを推定するとなると、不確実性の方が高いのが現状だ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度