Research press release

【化石】現生鳥類の近縁種として最古の化石

Nature Communications

Fossils: The oldest known relative of living birds

中国で堆積物から発掘された保存状態の良好な2つの化石によって現生鳥類の進化の記録が500~600万年ほどさかのぼったという報告が、今週掲載される。この化石標本はArchaeornithura meemannaeと命名され、これまでに発見された最古の真鳥形類の化石記録となった。現生鳥類の全てが、この真鳥形類の系統から出現している。

中生代(およそ2億5,200万~6,600万年前)の鳥類の化石標本は稀少であるため、現生鳥類の祖先の初期進化史はほとんど解明されていない。中生代の鳥類種が含まれている分岐群の1つである真鳥形類には、当時の鳥類種全体の約半数が含まれていたと考えられている。もう1つの分岐群である異鳥類は、歯とかぎ爪のついた翼を特徴とするが、約6600万年前の白亜紀-古第三紀境界で絶滅し、その子孫は現存しないと考えられている。

Min Wangたちは論文に、中国東北部の河北省四岔口(Sichakou)盆地から出土した真鳥形類の新種の化石について記述しており、この化石には羽毛がほぼ完全に保存され、空気力学的な生活様式と飛行時の操縦性に特有の解剖学的特徴が見られることが明らかにされている。また、脚の上部(脛足根骨部)に羽毛の見られないことは、浅い水中を歩き回って餌をあさる生活様式を示すものであり、この点は同じ堆積物から発見された他の鳥類種の化石とも一致している。さらに、これらの化石が発掘された地層の層序学的年代決定と放射年代測定も行われ、今回発表される化石標本の鳥類種が約1億3070万年前の白亜紀前期に生息しており、これまで最古とされていた1億2500万年前の白亜紀前期層から出土した真鳥形類の化石標本より古いことが判明した。

Two well-preserved fossils collected from deposits in China push back the evolutionary record of modern birds by five to six million years, reports a study in Nature Communications. The specimens, named Archaeornithura meemannae, are the oldest known records of Ornithuromorpha, the same evolutionary branch that gave rise to all bird species currently living.

Fossilised bird specimens from the Mesozoic era (252-66 million-years-ago) are rare, with little being known about the early evolutionary history of the ancestors of modern birds. Ornithuromorpha are thought to have represented around half the total diversity of bird species during the Mesozoic era. Other clades representing bird species during this time include the Enantiornithes, characterised by teeth and clawed wings. However, this group of birds are not thought to have left any living descendants, going extinct at the Cretaceous-Paleogene boundary approximately 66 million-years-ago.

Min Wang and colleagues describe this new species, unearthed from the Sichakou basin in Hebei, northeastern China, as having a near-completely preserved plumage with anatomical features characteristic of an aerodynamic lifestyle and manoeuvrability during flight. The absence of feathers on the upper leg, or tibiotarsus, is also indicative of a wading lifestyle, consistent with other fossil bird species found in similar deposits. Stratigraphic and radiometric dating of the geological layers from which these fossils were extracted indicates these new specimens lived during the Early Cretaceous period 130.7 million years ago, predating the last known specimens of this branch from the Lower Cretaceous, 125 million years ago.

doi: 10.1038/ncomms7987

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度