Research press release

【生物学】アフリカ系アメリカ人の食事と大腸がんリスク

Nature Communications

Biology: Diet and colon cancer risk in African Americans

高繊維・低脂肪食がアフリカ系アメリカ人の大腸がんリスクを減らす上で役立つ可能性があるという報告が、今週掲載される。大腸がんは、西洋社会のがんによる死亡原因の第2位となっており、米国での罹患率はアフリカ系アメリカ人が最も高い。

今回、Stephen O’Keefeたちは、アフリカ系アメリカ人(20名)とアフリカ農村部の住民(20名)を対象として、大腸がんの発生における食事の重要性に関する一連の調査を行った。その結果、両集団の食事は根本的に異なっており、動物性タンパク質と動物性脂肪の摂取量はアフリカ系アメリカ人の方が2~3倍多く、炭水化物と繊維質の摂取量はアフリカ農村部の住民の方が多いということが分かった。また、大腸内視鏡検査では、アフリカ系アメリカ人に大腸がんバイオマーカーが多く見られた。

こうした差異に伴って、両集団の微生物叢にも大きな違いが見られた。アフリカ人には炭水化物発酵細菌と酪酸産生細菌の数が多く、アフリカ系アメリカ人には胆汁酸代謝細菌の数が多かったのだ。繊維質の発酵産物(特に酪酸)に抗炎症作用と腫瘍抑制作用があることを示唆する証拠はすでに幅広く得られており、胆汁酸の代謝産物の一部に発がん性のあることを示唆する証拠も得られている。特定の大腸がんの危険因子が食事によって調節される機構が今回の研究によって示された可能性がある。

次に、O’Keefeたちは、2週間にわたってこの2つの集団の食事を入れ替える実験を行った。その結果、大腸の微生物叢とそれに関連する代謝産物に顕著な影響が及び、がんリスクのバイオマーカーがアフリカ系アメリカ人で減り、アフリカ農村部の住民で増えた。この結果は、高繊維・低脂肪食に切り替えることでアフリカ系アメリカ人集団の高い大腸がん罹患率に影響を及ぼせる可能性を示唆しているが、それを実証するには長期間にわたる研究が必要となる。

A fibre rich, low fat diet may help to reduce colon cancer risk in African Americans, reports a study published in Nature Communications. Colon cancer is the second leading cause of cancer death in western society and African Americans show the highest incidence of the disease in the USA.

Stephen O’Keefe and colleagues performed a series of investigations on the importance of diet in the development of colon cancer in a group of 20 African Americans and 20 rural African participants. They found that diets in both populations were fundamentally different, with animal protein and fat intake 2 to 3 times higher in African Americans, and carbohydrate and fibre intake higher in Africans. Colonoscopy results showed greater incidence of colon cancer biomarkers in African Americans.

These differences were also associated with a profound difference in microbiota in both populations. Africans had higher levels of carbohydrate fermenting and butyrate producing bacteria, and African Americans had higher levels of bile acid metabolising bacteria. There is already extensive evidence suggesting an anti-inflammatory and tumour suppressant role for the products of fibre fermentation (particularly butyrate), and evidence suggesting that some products of bile acid metabolism are carcinogenic. These findings may indicate a possible mechanism for dietary mediation of certain colon cancer risk factors.

The authors then conducted a two-week food exchange between the populations, which had a significant impact on colonic microbiota and associated metabolites, resulting in a reduction in cancer risk biomarkers in African Americans, and an increase in rural Africans. This suggests that a move to a fibre rich, low fat diet may impact the high levels of colon cancer in the African American population, however longitudinal studies are necessary to demonstrate this.

doi: 10.1038/ncomms7342

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度