Research press release

【微生物学】複数の結核菌株に感染していた18世紀のミイラ

Nature Communications

Microbiology: Multiple TB infections in 18th-century mummies

18世紀のヨーロッパ人の遺体から採取された結核菌のDNAの網羅的解析が行われ、当時は結核菌の混合感染(同時に複数の菌株に感染すること)が一般的だったことが明らかになった。この研究結果の報告が、今週掲載される。この結果は、結核の進化の新たな手掛かりであり、今日のヨーロッパと北米・南米で流行している最も一般的な系統株の1つ(Lineage 4)の起源がローマ時代にさかのぼることを示している。

かつてヨーロッパにおいて主要な死亡原因だった結核が、一部の地域で復活を果たしているが、古代の結核感染に関わった系統株と感染パターンが現代の結核とどのような関係にあるのかは明確になっていない。今回、Mark Pallenたちは、ヴァーチ(ハンガリー)のドミニコ会教会の地下室に安置されていた26人の遺体から採取した結核菌DNAについて、ショットガンメタゲノミクスによる解析を行った。これらの遺体の大部分は、自然にミイラ化していた。過去の記録によれば、これらの人々が死んだのは1745~1808年のこととされる。Pallenたちは、そのうちの8人に由来する14点の結核菌ゲノムを再現したが、そのうちの5人から複数の結核菌遺伝子型が見つかった。このことは、複数の系統株による結核感染が流行していたことを示している。今回同定された結核菌ゲノムはすべてLineage 4であった。Lineage 4は、現代のヨーロッパと北米・南米でも年間100万以上の症例を引き起こしている。26人の遺体の中には、同じ2種の結核菌株に感染していた母親と娘が含まれており、過去の複数回の結核感染の密接な疫学的関連性が初めて明らかになった。

A comprehensive analysis of tuberculosis (TB) bacterial DNA, recovered from the remains of 18th-century Europeans, reveals that mixed infections (infections with multiple strains of TB at the same time) were common, reports a study published in Nature Communications. The results also offer new insight into the evolution of TB, indicating that one of the most common lineages circulating today in Europe and the Americas (Lineage 4) originated in the Roman period.

TB was once a major killer in Europe and is experiencing resurgence in some areas; however, it is unclear how the strains and patterns of ancient infections relate to TB today. Mark Pallen and colleagues used shotgun metagenomics to analyse bacterial DNA extracted from 26 people from a crypt in the Dominican church of Vac, Hungary, most of whom had undergone natural mummification. Historical records indicate that the individuals died between 1745 and 1808. The authors were able to reconstruct 14 TB genomes from eight of the people, five of which yielded more than one genotype, indicating the prevalence of multi-strain TB infections. All of the TB genomes identified belong to Lineage 4, which still accounts for over a million TB cases a year in Europe and in the Americas. In addition, the authors found that a mother and daughter were infected with the same two bacterial strains, documenting an intimate epidemiological link between historical TB infections for the first time.

doi: 10.1038/ncomms7717

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度