Research press release

【動物学】ガラパゴス諸島の鳥類は花も食べる

Nature Communications

Zoology: Galapagos birds get a taste for flowers

ガラパゴス諸島に生息する陸鳥種のほとんど全てが餌の幅を広げ、花の蜜と花粉まで食べるようになったという報告が、今週掲載される。こうした摂食ニッチの大きな拡大は、これまで脊椎動物について報告されたことがなく、鳥類が、ガラパゴス諸島全体で重要な花粉媒介動物として行動していることを示唆している。

ガラパゴス諸島のような孤立した海洋群島では、通常、大陸部と比べて植物種と昆虫種の多様性がかなり低い。広大な海域にわたる分散がうまくいかないことが多いからだ。これに対して、鳥類種は、ガラパゴス諸島に到達することがあるが、島では餌になる昆虫と植物が非常に限られている。この場合、鳥類種は、餌の幅を花まで広げることがあるが、それが群島部でどの程度起こるのかは分かっていない。

今回、Anna Travesetたちは、ガラパゴス諸島に生息する陸鳥による訪花と花粉の輸送を計測し、観察対象の鳥類種の全てが被子植物と直接に相互作用していることを見いだした。今回の研究の対象となったのは、ガラパゴス諸島で見られる合計23種の鳥類のうち、最も生息数の多い19種の陸鳥類で、100種以上の植物との相互作用が認められた。Travesetたちは、鳥類と花との相互作用のネットワーク特性を大陸部と島嶼部の生態系のネットワーク特性と比較し、ガラパゴス諸島におけるネットワークの方がノード間のつながりが密で、食餌の汎化が進んでいることを示していることを明らかにした。

汎化は、鳥類が在来植物種と侵入植物種との相互作用を区別していないことを意味しており、摂食ニッチの拡大がガラパゴス諸島での鳥類の当初の生存に役立ったかもしれないが、それによって鳥類が侵入植物の花粉媒介という望ましくない役割も果たしている可能性があることが示唆されている。

Almost every species of land bird in the Galapagos Islands has expanded its diet to include nectar and pollen from flowers, finds a new study in Nature Communications. Such a large expansion of a feeding niche has not been reported previously among vertebrates and suggests that birds act as key pollinators across the archipelago.

Isolated oceanic islands like the Galapagos typically harbour a much lower diversity of plant and insect species than mainland areas, since dispersal over large expanses of water is often unsuccessful. In contrast, bird species may be able to reach these areas but face a limited range of insect and plant food when they arrive. As a result, species may broaden their diets to include floral resources, although the extent to which this occurs across island archipelagos is not known.

Anna Traveset and colleagues measure flower visits and pollen transport by Galapagos land birds and find that every species they observed interacted directly with flowering plants. This represents the 19 most abundant land birds out of the total 23 species found in the islands, who together interact with more than 100 different species of plants. Comparing the network characteristics of bird-flower interactions with those from other mainland and island ecosystems, they find that the Galapagos network is more highly connected, indicating a greater degree of diet generalisation.

This generalisation means that birds do not discriminate between interacting with native or invasive plant species, suggesting that although feeding niche expansion may have aided the birds’ initial survival on these islands, it may also be playing an unwanted role in the pollination of invasive plants.

doi: 10.1038/ncomms7376

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度