Research press release

【応用物理】ヘルクラネウム遺跡で見つかったパピルスの巻物を解読する

Nature Communications

Applied physics: Reading the rolled scrolls of Herculaneum

ヴェスヴィオ火山の噴火の際に焼失を免れたものの壊れやすいためにひもとけなくなっていた古代ローマ時代の巻物を解読するための非侵襲的な画像化技術についての報告が、今週掲載される。この巻物は、現代に唯一残った西洋古典文学時代の邸宅の書斎の蔵書とされ、この画像化法は、この書斎にあった別の巻物の解読にも役立つ可能性がある。

有名な西暦79年のヴェスヴィオ火山の噴火によって埋もれた古代ローマの都市ヘルクラネウムの大邸宅“Villa dei Papiri”の書斎から数百点のパピルスの巻物が発見されたのは260前のことだった。これらの巻物は、火山噴火の際に高温の火山ガスによって炭化し、壊れやすく、もろくなっており、巻物をほどいて読もうとした際に損傷し、あるいは破壊されてしまっている。

今回、Vito Mocellaたちは、X線位相差断層撮影法を用いて、そのうちの1つの巻物に書かれた文章の解読を行った。ただ、炭化したパピルスの巻物もパピルスに文字を書くために用いられた黒い木炭インクもX線吸収率が低いため、作業は困難を極めた。これに対し、今回利用されたX線位相差断層撮影法は、化学組成が似ているインクとパピルスの位相(光や放射線が物質中を伝搬する速度を示す量)の差を利用して、両者の違いを際立たせることができ、両者をうまく見分けることができた。

その結果、この巻物に書かれた文字の筆跡が、ヘルクラネウムで発見されたエピクロス派の哲学者フィロデムスによって書かれた別のパピルスの巻物と似ていることが判明した。Mocellaたちは、今回調べた巻き物が紀元前1世紀の第2四半期にフィロデムスによって執筆された可能性があると考えている。

Ancient Roman scrolls that survived the eruption of Mount Vesuvius but are too fragile to unravel, may finally be read using a non-invasive imaging method reported in Nature Communications this week. The scrolls form part of the only library to have survived from the classical world and it is hoped that the method could be used to help decipher other unread scrolls from the same collection.

Hundreds of papyrus scrolls, buried by the famous 79AD Vesuvius eruption, were discovered 260 years ago in the library of the ‘Villa dei Papiri,’ a huge villa in the ancient Roman city of Herculaneum. During the eruption, hot volcanic gas carbonised the scrolls making them fragile and brittle and attempts to unravel and read them have only damaged or destroyed them.

Vito Mocella and colleagues used X-ray phase contrast tomography to decipher the text in one of the scrolls. This proved difficult as the carbonised papyrus scroll and the black charcoal ink used to write on it both absorb X-ray weakly. X-ray phase contrast tomography, however, was used successfully to discriminate ink from papyrus, despite their similar chemical compositions, because it exploits differences in the phase (a measure of how fast light or other radiation propagates through a substance) of the two substances, helping to enhance the contrast between them.

The authors found that the handwriting style on the scroll is similar to that on another Herculaneum papyrus written by the Epicurean philosopher Philodemus. They speculate that Philodemus may also have written the scroll they examined, perhaps somewhere in the second quarter of the first century BC.

doi: 10.1038/ncomms6895

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度