Research press release

【がん】がん細胞と正常な細胞の界面を調べる

Nature Communications

Cancer: Probing the interface of cancer

がん細胞と非がん細胞の界面をこれまでよりも正確にモデル化する方法についての報告が、今週掲載される。この方法で、腫瘍の進行と治療介入の有効性について理解が進む可能性がある。

がんの進行は、遺伝子発現の複雑な変化と関連づけられており、細胞の正確な物理的位置が何らかの役割を果たしていると考えられている。がん細胞と正常な細胞の界面に近い細胞は、遠くにある細胞と異なる遺伝子発現プロファイルを有していることがあるのだ。

今回、Biju Parekkadanたちは、がん細胞と非がん細胞を別々の空間的区画にまとめ、レーザーキャプチャーマイクロダイセクション法によって個々の細胞を取り出して、分子解析を行うシステムを開発した。

Parekkadanたちは、この新しい方法を用いて、リバーシンという抗がん剤が、がん細胞と正常な細胞の界面に物理的に近い細胞に最も効果的なことを明らかにした。この知見は、その後のマウスを用いた試験で裏付けられた。このParekkadanたちのモデルは、これと同じように作用する他の薬剤を同定し、すでに用いられている抗がん剤による治療法の微調整にも利用できる可能性がある。

A new, more precise method to model the interface between cancerous and non-cancerous cells is described online this week in Nature Communications. This technique may boost our understanding of tumour progression and of the efficacy of therapeutic interventions.

Cancer progression has been linked to complex changes in gene expression with the exact physical location of cells appearing to play a part - cells closer to the interface between cancerous and normal cells can have different gene expression profiles to those that are further away.

Biju Parekkadan and colleagues have developed a new system that enables them to organise cancerous and non-cancerous cells into distinct, spatial compartments, then use microscopy-based laser capture to dissect out single cells for molecular analysis.

Using their new method the authors were able to show how one anti-cancer drug, reversine, has its strongest effects in cells that are physically close to the interface between cancerous and normal cells; a finding that was subsequently borne out in tests in mice. This model could be used to highlight other drugs that work in a similar manner, as well as fine tuning the treatment regimens for cancer drugs that are already available.

doi: 10.1038/ncomms6662

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度