Research press release

【材料科学】光で描く

Nature Communications

Materials science: Writing with light

紫外線を使って折り曲げ自在な表面上に文章や絵を印刷する方法についての報告が、今週掲載される。この系では、インクの補給なしに何度も印刷することが可能である。

今回、Yadong Yinたちは、光活性染料を表面に組み込み、この表面のいろいろな部分に紫外線を照射することで、染料の色を変えられることを明らかにした。そして、あらかじめ印刷されたマスクを用いてフィルムの特定の部分を覆うことで、印刷された標準的な文章やマイクロメートルの大きさの模様などを制御できることも明らかになった。この模様は数日間保持され、必要に応じて加熱することで消去できた。Yinたちは、この再利用可能なディスプレイによって紙とインクの需要が減ることを期待しているが、そのためにはさらなる研究の進展が必要とされる。

A method to print text or pictures onto flexible surfaces using ultraviolet light is reported in Nature Communications this week. The system allows repeated printing without the need for additional inks.

Yadong Yin and colleagues show that by incorporating photoactive dyes into a surface, the colour can be changed by exposing parts of the surface to UV light. Using a pre-printed mask to cover specific parts of the film allows control over what is printed, from regular text to micrometre sized patterns. The patterns were retained for several days and could be erased by warming if needed. The authors hope that these reusable displays could reduce the need for both paper and inks; however, further development is needed.

doi: 10.1038/ncomms6459

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度