Research press release

【ナノテクノロジー】マイクロスケールの立体画像

Nature Communications

Nanotechnology: Seeing double on the microscale

同じ領域内に2つの異なるフルカラー画像を符号化できるナノスケールのピクセルについての報告が、今週掲載される。この方法は、マイクロスケールのディスプレイ上での3次元画像の生成、そして高密度多重光データ記憶装置の開発への可能性を開くものである。また、将来的にはこの技術が、超高解像度3次元ディスプレイ、ホログラム、偽造防止やステガノグラフィー(データ隠ぺい技術の一種)用の高度な素子といったものの開発につながる可能性もある。

ナノ構造体は、その大きさと形状によって、特定の色に強く応答することが知られている。この特性を利用してカラーフィルターを作製することはすでに行われているが、こうしたフィルターは、通常、偏光の変化に応答しない。今回、Joel Yangたちは、ナノ構造体の形状を楕円や正方形の対に変化させ、その方向を変えることで、2つのフルカラーの画像を重ね合わせられることを明らかにした。これらの画像は、異なる偏光で見ることで解読される。これは、3D映画で用いられる方法とほぼ同じである。また、2つの同じ画像をわずかにずらして符号化することで、3D印画も作成された。

Nanoscale pixels that can encode two different full-colour images in the same area are presented in Nature Communications this week. This method opens up the possibility of producing 3D images on microscale displays and developing high-density multiplexed optical data storage. In the future, this technology may also lead to the development of ultra-high resolution 3D displays, holograms and advanced elements for anti-counterfeiting and steganography.

Nanostructures are known to respond strongly to specific colours, based on their size and geometry. This property has been exploited to build colour filters already, but these are normally not responsive to different polarisations of light. Joel Yang and colleagues show that by changing the shape of the nanostructures into ellipses or pairs of squares and varying their orientation, it is possible to overlay two full-colour images. These images are then decoded by looking at them with different polarisations of light, much the same as with 3D movies. By encoding two identical images offset slightly from one another, they are also able to produce 3D prints.

doi: 10.1038/ncomms6361

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度