Research press release

【社会科学】裁くな、裁かれないために

Nature Communications

Social science: Judge not, lest ye be judged

人は、不公平な行為について、それが他者に向けられたものでない場合、他の選択肢がある状況ではその行為の処罰を望まないことが示された。この知見は、ヒトの社会行動に関するこれまでの解釈とは異なる。

社会において、公平性は、社会的効率および協力を促す行動規範として機能している。公平性に関する研究はこれまで、不公平な状況に置かれた実験参加者に対して「罰を与える」あるいは「何もしない」の2つの選択肢を選ばせるものであった。しかし、こうした実験系は、日常生活における状況を反映していない可能性がある。

この問題に取り組むためにElizabeth Phelpsらは、実験参加者が、他の参加者から不公平な扱いをされたと感じたときに、罰を与えるか、もしくは補償を求めるかという、幅のある選択肢を選べる新しい経済ゲームを開発した。その結果、不公平な状況に対応する際に別の選択肢(状況を受け入れたり、補償を求めたりすることなど)がある場合、不公平に扱われた参加者は、不公平な行為者に罰を与えることよりも、状況の受容あるいは補償の要求を選ぶことが分かった。

一方で、参加者が不公平に扱われた別の誰かに代わって判断する場合、可能なかぎり最も厳しい経済的な罰を与えることを選ぶことが多かった。Phelpsたちは、今回の結果が、法制度が違反者へ罰を課そうとする際に有用な情報を与えるのではないかと期待する一方で、介入が可能な前のこうした行動に関する理解を深めるためには、さらなる研究が必要であると考えている。

People prefer not to punish unfair acts if presented with alternative options, unless the unfair acts are directed at another person, reports research published in Nature Communications this week. These findings challenge our current understanding of human social behaviour.

In society, fairness acts as a standard for behaviour that promotes social efficiency and cooperation. Previously, studies of fairness have been carried out by presenting participants with two options when placed in unfair situations: engage in punishing behaviour, or do nothing at all. However, this experimental setup may not reflect everyday life situations.

To address this, Elizabeth Phelps and colleagues developed a novel economic game that allowed participants to choose from a range of punishing and compensatory options when they felt that they had been treated unfairly by other participants. The authors found that when alternative options for dealing with unfair situations were available (such as acceptance of the situation or asking for compensation), participants who were treated unfairly opted for acceptance or compensation rather than punishing the unfair participant.

However, if participants were making decisions on behalf of someone else who had been treated unfairly, they would often opt for the harshest economic punishment possible. The authors hope that these findings will inform how the legal system approaches the punishment of transgressors, although further research is needed to better understand these behaviours before any intervention is possible.

doi: 10.1038/ncomms6306

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度