Research press release

【生態】チョウやガの幼虫の生存率の変化と幼鳥の学習の遅れ

Nature Communications

Ecology: Why some caterpillars hide and some holler

チョウやガの幼虫には、派手な体色や模様のものと隠ぺい色のものがいる。それぞれの生存率は、季節によって変化し、それが、幼鳥の学習と経験に依存していることを報告する論文が、今週、掲載される。この論文には、1年の特定の時期に派手な体色や模様の被食者の数が非常に少なくなる理由が捕食者の学習の遅れだとする考え方が示されている。

さまざまなチョウ種の幼虫は、捕食を避けるために、背景に紛れ込み、あるいは、派手な「警告」シグナルを用いて自らが危険なことを捕食者となりうる生物に誇示できるように進化した。しかし、派手に誇示することは、捕食者がそうしたシグナルの意味を理解していることを前提としているため、危うい戦略と言える。

今回、Johanna Mappesたちは、さまざまな色のチョウやガの幼虫の数が捕食者の幼鳥の数によって影響を受けるかどうかを調べた。幼鳥は、初めて巣を離れる時に、派手な体色の被食者が示す警告シグナルの意味を知らない。

今回の研究では、派手な体色のチョウやガの幼虫の生存率が、学習していない鳥類が最も少ない巣立ちの初期と末期に上昇した一方で、巣立ち期の真っ最中には、隠ぺい色のチョウやガの幼虫の方が生存上有利なことが分かった。こうした個体数の季節変動パターンは、自然界のさまざまな色のチョウやガの幼虫に見られ、捕食者が生まれつき警告シグナルの意味を知らない場合に、その警告シグナルが長期間持続する理由となっている可能性がある。

Seasonal differences in the survival of caterpillars, conspicuous versus camouflaged, depends on the learning and experience of young birds, reports a study published in Nature Communications this week. This time-lag in predator learning could explain why conspicuous prey are rare at certain times of the year.

To avoid being eaten, caterpillars of different butterfly species have evolved to either blend into their backgrounds or advertise themselves as harmful to would-be predators using conspicuous ‘warning’ signals. However, conspicuous advertising is a risky strategy as it relies on predators understanding what these signals mean.

Johanna Mappes and colleagues investigated whether the abundance of differently coloured caterpillar species might be influenced by the number of juvenile bird predators, which are naive to the meaning of warning signals from conspicuously coloured prey, when they first leave the nest.

The authors find that conspicuously coloured caterpillars have improved survival at the beginning and end of the fledging season, when naive birds are least abundant, while camouflaged species have a survival advantage during the middle season. These same seasonal abundance patterns are reflected in nature across many caterpillar species of differing colours, and could explain why warning signals persist when predators have no innate knowledge of their meaning.

doi: 10.1038/ncomms6016

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度