Research press release

【社会科学】あなたは協力者ですか

Nature Communications

Social science: Are you a cooperator?

ヒトに協力性の表現型が存在することを示す証拠について報告する論文が、今週掲載される。表現型とは、遺伝子と環境の相互作用によって作り出される性質のことだ。

協力行動は、社会性を持つ生物種の繁栄にとって根本的に重要だが、協力行動をとる個体は、他者の利益のために犠牲を払うことが求められる。ヒトの協力の仕方と協力する場面、それに、進化と戦略的論法によって協力行動が生まれる理由を解明することは、自然科学、社会科学を通じて、研究者の大きな課題となっている。

今回、David Randたちは、1,400人以上の被験者からゲームを行う際の意思決定(数千例)を収集して、協力性の表現型の存在を裏付ける大量の実験データを生成した。Randたちは、協力ゲーム、規範強制型懲罰ゲーム、競争ゲームを用いて、協力するという決定が、さまざまなシナリオにわたって相関するかどうかを調べた。また、今回の研究では、世界価値観調査を用いて、ゲームでの行動に、基本的な道徳的価値観が反映されているのかどうかを調べ、そして、ゲーム参加者に実験の終了を告げた上で、フィードバックの提供を通じて他の参加者を助けることを依頼して、ゲーム以外の場における現実の援助行動を調べた。

その結果、さまざまな協力ゲームにおける参加者の意思決定に相関が認められた。また、ゲームにおける意思決定は、ゲーム以外の状況下での自己申告に基づく協力の指標と実際の協力の指標の両者と相関していた。さらに、平均124日の間隔でなされた2つの協力の意思決定が同じ程度に強く相関していることが明らかになり、時間がたっても協力性が安定していることも示された。一方、協力行動は、規範を強制するための懲罰や非競争的状況と相関しないことも明らかになり、協力傾向が状況に依存するという考え方を裏付ける実験的証拠はほとんど得られなかった。

今回の研究で行われた一連の実験で、ヒトの社会的選好の一般性に関する詳細な評価が得られ、「協力性の表現型」の証拠がもたらされた。

Evidence for a cooperative phenotype in humans is reported online this week in Nature Communications. Phenotypes are characteristics produced by the interaction of genes and the environment.

Cooperation is fundamental to the success of social species, yet cooperation requires individuals to make sacrifices to benefit others. Understanding how and when humans cooperate, as well as why evolution and strategic reasoning give rise to cooperation, is a major challenge for researchers across the natural and social sciences.

David Rand and colleagues generated a large body of experimental data supporting the existence of a cooperative phenotype by collecting thousands of game decisions from more than 1,400 individuals. They used cooperation games, norm-enforcing punishment games and competition games to investigate whether decisions to cooperate correlate across different scenarios. The authors also investigated whether game play reflects underlying moral values, using the World Values Survey, as well as investigating actual helping behaviour outside of games by informing participants that the experiment was over and then asking them to help experimenters by giving feedback.

They find that a person’s decisions in different cooperation games are correlated. They also find that game decisions are correlated with both self-report and real-effort measures of cooperation in non-game contexts. Equally strong correlations were shown to exist between cooperative decisions made an average of 124 days apart, indicating that cooperation is stable over time. Finally, they show that cooperation is not correlated with norm-enforcing punishment or non-competitiveness, showing little experimental evidence in support of a situation-dependent penchant for cooperation. Taken together, these experiments provide an extensive assessment of the generality of human social preferences, providing evidence for a ‘cooperative phenotype’.

doi: 10.1038/ncomms5939

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度