Research press release

【ナノテクノロジー】さまざまな生物医学的用途に対応する1つのナノ粒子の設計

Nature Communications

Nanotechnology: One nanoparticle to rule them all

8種類の生物医学的用途に柔軟に対応するナノ粒子の設計について報告する論文が、今週掲載される。今回の研究は、マウスを用いて行われたが、個別化ナノ医療と個々の患者に合わせた診断と治療の開発を前進させる可能性を秘めている。

ナノ粒子は、疾患の診断や治療のための媒体として有望視されており、臨床応用が徐々に進んでいる。しかし、ナノ粒子は、通常、それぞれの応用例に適応させて、最適化する必要があるため、単一のナノ粒子構造体の有用性はさほど大きくない。

今回、Kit Lamたちは、単一の化学的構成要素を用いて作られたナノポルフィリンという単純なナノ粒子について報告している。このナノ粒子は極めて柔軟に設計でき、8種類の生物医学的用途の1つを実現できる。(ただし、その全てを同時に実現することはできない。)例えば、近赤外蛍光画像化法、磁気共鳴画像法(MRI)、陽電子放射断層撮影法(PET)と二重モードPET-MRIなどの画像化法である。さらに、ナノポルフィリンは、光熱療法と光線力学療法(光でナノ粒子を加熱し、または活性酸素を発生させて、目的の悪性細胞を破壊する治療法)にも用いることができ、標的への薬剤送達もできる。

Lamたちによれば、単一の設計にこれほど広範な臨床関連機能が集約された有機ナノ粒子系は今回の研究報告が初めてとされる。この有機ナノ粒子系がヒトにも使えるかどうかを見極めるには、さらなる研究が必要だ。

A flexible nanoparticle design that can be used for eight different biomedical applications is reported in Nature Communications this week. This research, conducted in mice, could potentially further the development of personalised nanomedicine, and patient-specific diagnosis and treatment.

Nanoparticles are promising vehicles for the diagnosis or treatment of diseases and are slowly making their way into the clinic. However, nanoparticles usually have to be adapted and optimised for each application, thereby limiting the usefulness of a single nanoparticle construct.

Kit Lam and colleagues report a simple nanoparticle, called nanoporphyrin, which is based on a single chemical building block. This nanoparticle is remarkably flexible in that it can perform eight different biomedical applications, although not all at the same time. These applications include imaging, such as near-infrared fluorescent imaging, magnetic resonance imaging (MRI), positron emission tomography (PET) and dual modal PET-MRI. The nanoporphyrins can further be used for photothermal and photodynamic therapy ? using light to make the nanoparticles heat up or produce oxygen radicals so as to destroy targeted malignant cells ? and are capable of targeted drug delivery.

According to the authors, this is the first report of an organic nanoparticle system that integrates such a broad range of clinically relevant functions in a single formulation. Further research is required to determine whether the system would also work in humans.

doi: 10.1038/ncomms5712

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度