Research press release

【合成生物学】光る細胞を使ったアレルギーのプロファイリング

Nature Communications

Synthetic Biology: Profiling allergies using glowing cells

少量の血液サンプルを用いて個人のアレルギー反応のプロファイルを作成する方法について報告する論文が、今週掲載される。

現在のところ、ヒトがアレルギー反応を起こす際の引き金を突き止める方法としては、皮膚プリックテスト(ただし、一部の被験者が非常に強い免疫反応を起こすことがある)、そして、大量の血液を使って試験管の中でアレルギー反応を起こす方法がある。

今回、Martin Fussenegerたちは、細胞を修飾して、少量のヒスタミン(アレルギー反応中に放出される分子)の存在下で蛍光を発するようにした。そして、血液サンプルをアレルゲン(例えば、各種花粉やダニ)に曝してから、この修飾細胞に添加した。血液中にヒスタミンが存在していれば、アレルギー反応が起こっているということであり、修飾細胞は蛍光を発した。この方法を用いたところ、数人の患者において、一般的に実施される皮膚プリックテストと同等の結果が得られ、少量の血液しか必要とならなかった。

この方法を可能とした修飾細胞については、さらなる修飾によって別のタイプの分子を検知できるようになれば、別の診断テストや治療薬の効能の検証の基盤となる可能性がある。

A method to profile an individual’s allergic response, using a small blood sample, is reported this week in Nature Communications.

Current approaches to identify the trigger for allergic reactions in an individual often rely on either skin pricks, which can result in very strong immune reactions in some individuals, or require large amounts of blood when the reaction is carried out in a test tube.

Martin Fusseneger and colleagues modified cells to glow in the presence of small amounts of histamines (molecules released during an allergic reaction). Blood samples were exposed to allergens, such as different types of pollen and mite, and then added to the cells. When histamines were present in the blood, indicating an allergic response, the modified cells glowed. In several patients, the method provided similar results to the commonly used skin prick test and required only small amounts of blood.

The modified cells that enabled this method could be further altered to sense other types of molecules, potentially providing a basis for additional diagnostic tests and testing the efficacy of therapeutic drugs.

doi: 10.1038/ncomms5408

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度