Research press release

【心理学】人間の大集団の好みを脳検査によって予測する

Nature Communications

Psychology: Brain scans predict what larger populations like

人気の高いメディアを視聴する数人の神経活動を調べることで、集団レベルの行動上の好みを予測できるようになる、という研究結果を報告する論文が掲載される。今回の研究では、人間の大集団の行動を予測する新しい方法が複数実証された。

人間行動の予測は、選挙結果、新作映画の観客動員数、法律改正や政策転換の影響を予想する際に利用されている。これまでに行われた脳画像研究では、個々人の将来行動を予測できるが、その結果を多人数の集団に当てはめて、集団の将来行動を予測することはできないことが明らかになっていた。

今回、Jacek Dmochowskiたちは、人気の高いテレビ番組の再放送を視聴している最大16人の被験者の脳活動について、脳波(EEG)測定による追跡観察と機能的磁気共鳴画像法(fMRI)による画像診断を行った。その結果、これらのデータを用いることで、ソーシャルメディアでの活動や視聴者の評価によって応答が判断される数千人の集団の関心と好みの行動表現を正確に予測できることが明らかになった。

Dmochowskiたちは、この新知見が、特定の視聴者をターゲットとした教育、マーケティング、メディアの作り方に重要な影響を及ぼすことを期待しているが、大集団のデータを予測するために用いることのできる刺激が何なのかは解明できていない。

Examining neural activity from a few individuals viewing popular media can predict population-level behavioural preferences in thousands of individuals, reports a study in Nature Communications. These findings demonstrate novel methods for predicting behaviour in large human populations.

Predicting human behaviour is utilised for forecasting election results, anticipating the reception of upcoming films and foreseeing the effects of changes to laws and policies. Although previous brain imaging studies have shown that it is possible to predict the future behaviour of an individual, it was not possible to extrapolate the results to predict the behaviour of large groups.

Jacek Dmochowski and colleagues use electroencephalography (EEG) and functional magnetic resonance imaging (fMRI) to monitor and image the brain activity of up to 16 individuals while viewing popular, previously-broadcast television content. They find that this information allows them to accurately predict behavioural expressions of interest and preference among thousands of individuals, whose responses are characterised by social media activity and audience ratings.

Researchers expect these findings to have important implications for ways in which education, marketing and media are targeted towards specific audiences. They are uncertain, however, about the identity of the stimuli that are predictive of the large population data.

doi: 10.1038/ncomms5567

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度