Research press release

【医学研究】嚢胞性繊維症と糖尿病の結びつき

Nature Communications

Medical Research: A link between cystic fibrosis and diabetes

嚢胞性繊維症の患者が高齢になると糖尿病を頻繁に発症する理由を解明した研究について報告する論文が、今週掲載される。

嚢胞性繊維症は、CFTR遺伝子の変異によって肺の内部に粘着性粘液が蓄積することを原因としている。過去の疫学研究では、嚢胞性繊維症の患者が糖尿病を発症する頻度が高いことが明らかになっていたが、その背後にある理由は、ほとんど解明されていない。

今回、Hsiao Chang Chanたちは、CFTRが膵臓でも発現して、β細胞からのグルコース誘導性インスリン分泌を調節していることを明らかにした。また、Chanたちは、嚢胞性繊維症を治療するための実験薬を投与することで、CFTR遺伝子の変異を有するβ細胞の機能を正常な状態に回復させられることも実証した。

今回の研究は、これまで知られていなかった膵臓のβ細胞の機能に対するCFTRの寄与を明らかにし、嚢胞性繊維症に併発する糖尿病の新しい治療法の可能性も示唆している。

A study explaining why patients with cystic fibrosis often develop diabetes as they age has been published in Nature Communications this week.

Cystic fibrosis is caused by mutations in the gene “CFTR” which lead to the accumulation of sticky mucus in the lung. Epidemiological studies have shown that patients with cystic fibrosis often develop diabetes but the underlying reasons have been poorly understood.

Hsiao Chang Chan and colleagues now show that CFTR is also expressed in the pancreas, where it modulates glucose-induced insulin secretion from β-cells. They further demonstrate that an experimental drug for the treatment of cystic fibrosis restores normal function of β-cells with this mutation.

The study reveals a previously unrecognised contribution of CFTR to the function of pancreatic β-cells and suggests a potential treatment strategy for cystic fibrosis associated diabetes.

doi: 10.1038/ncomms5420

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度