Research press release

【遺伝】ヨーロッパ系ブタの家畜化の遺伝的基盤

Nature Communications

Genetics: The genetic basis of domestication in European pigs

ヨーロッパとアジアのブタの野生種と家畜化されたラージホワイト種の遺伝的解析が行われ、19世紀前半にヨーロッパの農民が中国のブタを輸入してヨーロッパ系ブタの品種改良を行ったことが示唆されている。今回の研究では、養豚農家が目的の商業的形質を選択した結果として生じた遺伝的変化も明らかになった。この結果を報告する論文が掲載される。

産業革命が始まった頃、優れた肉質、疾患抵抗性と同腹仔数の多さを特徴とするアジア系のブタが、ヨーロッパに輸入されて、地元種の生産性の向上が図られた。

今回、Mirte Bosseたちは、ヨーロッパとアジアに由来する合計70種のブタのゲノムの塩基配列を解読、解析した。その結果、優れた肉質、成長と繁殖力に関連するアジア由来の遺伝子が数個同定され、これらの遺伝子が、交配によってヨーロッパ系のブタに導入され、養豚農家によって人為的に選択されたことが示唆されている。また、Bosseたちは、AHR遺伝子においてアジア由来の変異を同定し、この変異が、現代のヨーロッパ種の同腹仔数の多さと結びついていることを明らかにした。

今回の研究では、アジア系とヨーロッパ系のブタの育種によって生じた遺伝子パターンが明確になり、現代のヨーロッパ系ブタの家畜化過程における農家の優先事項に関する手掛かりをもたらされた。

Genetic analysis of wild and domestic Large White pigs from Europe and Asia suggests that early nineteenth century farmers imported Chinese pigs into Europe to improve the quality of their own breeds. The work, reported in Nature Communications, reveals the genetic changes that occurred as a result of pig farmers selecting desired commercial traits.

It is well known that Asian pigs, characterised by their superior meat quality, disease resistance and increased litter size, were imported into Europe at the onset of the industrial revolution, in order to increase the productivity of local pig breeds.

Mirte Bosse and colleagues sequenced the genomes of 70 diverse pig breeds from across Europe and Asia. They identify several Asian-derived genes associated with increased meat quality, development and fertility, and suggest that these genes were bred into European pigs and artificially selected for by farmers. They also identified Asian-derived mutations in the AHR gene that are linked to larger litter sizes in modern-day European commercial breeds.

This study highlights the genetic patterns that resulted from the breeding of Asian and European pigs and provides insight into the priorities of farmers during the domestication of modern European pigs.

doi: 10.1038/ncomms5392

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度