Research press release

【古生物学】とても長い尾羽を持つ恐竜

Nature Communications

Palaeontology: Shake your tail feather

極めて長い羽毛を持つ「4翼」の小型肉食恐竜の化石としてはこれまでで最大のものが中国で発見された。この恐竜は、鳥類と近縁で、尾と脚に生えていたユニークな羽毛が、飛翔性能に関する手掛かりとなっている。この成果を報告する論文が、今週掲載される。

小型肉食恐竜は、白亜紀の捕食性非鳥類型羽毛恐竜群であり、その中には、よく発達した翼を持ち、脚に長い羽毛が生えている小型の「4翼」種が数種類含まれている。

今回のLuis Chiappeたちの論文では、極めて長い尾羽を持つ白亜紀初期の小型肉食恐竜の新種について記述されている。この化石標本は、Changyuraptor yangiと命名され、既知の「4翼」恐竜の中で最も大きく、非鳥類型恐竜について記録された羽毛の中で最も長い羽毛を持っている。この恐竜の体長が比較的大きいことから、この極めて長い羽の生えた尾は、飛翔性能を維持する上で重要な役割を果たしたと考えられている。また、この研究で行われた空力計算によれば、長い羽の生えた尾が、降下速度を低減し、安全な着地を確実に行う上で役立ったことが示している。

The largest ‘four-winged’ microraptorine dinosaur, with remarkably long feathers, has been found in China, reports a study this week in Nature Communications. The unique feathers on the dinosaur’s tail and legs provide insights on flight performance in this close relative to birds.

Microraptorines are a group of predatory, feathered, non-avian dinosaurs from the Cretaceous Period; including several small ‘four-winged’ species with well-developed wings and long feathers attached to their legs.

Luis Chiappe and colleagues describe a new microraptorine from the Early Cretaceous with exceptionally long tail feathers. This specimen, named Changyuraptor yangi, is the largest known ‘four-winged’ dinosaur and has the longest feathers ever recorded in any non-avian dinosaur. The remarkably long feathered tail is thought to have played an important role in maintaining flight performance given its relatively large body size. Aerodynamic calculations indicate that its long feathered tail was instrumental for decreasing descent speed and assuring a safe landing.

doi: 10.1038/ncomms5382

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度