Research press release

【医学研究】肥満女性の分娩結果に影響を及ぼすイオンチャネル

Nature Communications

Medical Research: Keeping an ion contractions

肥満の女性は、分娩時に子宮の収縮を制御するイオンチャネルの調節がうまく働かなくなっていることが明らかになった。この新知見は、肥満の女性において、不規則な子宮収縮が多く、肥満でない女性と比べて帝王切開を必要とする可能性が高い理由を説明できる可能性がある。この結果を報告する論文が、今週掲載される。

経腟分娩がうまくいくためには、力強いリズムによる子宮収縮と赤ん坊の頭による子宮頸部の拡張が必要だ。しかし、子宮収縮を制御する分子基盤については、解明が進んでいない。

今回、Helena Parkingtonの研究チームは、ヒトの子宮でhERGカリウムイオンチャネルが発現しており、妊娠中はhERGが活性化して、子宮収縮を抑制し、分娩開始時には、hERGが阻害タンパク質によって不活性化され、分娩時の子宮の強い収縮が促進されることを明らかにした。この「ブレーキ」を解除する阻害タンパク質の放出は、hERGを介してなされている。さらに、Parkingtonたちは、肥満の女性において、この「ブレーキ」の解除が適切に機能していないことを明らかにした。これは、肥満の女性の分娩結果が悪くなる傾向に対する機構的説明となる。

An ion channel, which controls uterine contractions during human labour and is dysregulated in obese women, has been identified in a study published in Nature Communications this week. The finding may explain why obese women often have irregular contractions and are more likely to require a caesarean section than non-obese women.

Successful vaginal delivery requires strong rhythmic contractions of the uterus which enable the baby’s head to dilate the cervix. However, the molecular underpinnings controlling these contractions are not well understood.

Helena Parkington and her team show that the potassium ion channel hERG is expressed in the human uterus. They find that hERG is active during pregnancy, where it suppresses contractions. At the onset of labour, however, hERG is turned off by an inhibitory protein. The release of this “brake”, mediated by hERG, then facilitates strong uterine contractions during labour. The team further demonstrates that the release of the brake is not working properly in obese women, providing a mechanistic explanation for why obese women tend to have poorer labour outcomes.

doi: 10.1038/ncomms5108

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度