Research press release

【疫学】アジアでの鳥インフルエンザA(H7N9)の感染リスク予測

Nature Communications

Epidemiology: Predicting the risk of bird flu infection in Asia

重要な疾患である鳥インフルエンザ(H7N9亜型)の感染リスクの高い地域をアジア全土で特定する統計モデルが作製された。このモデルは、現在行われている監視と蔓延防止のための活動に役立つ可能性があると考えられている。詳細を報告する論文が、今週掲載される。

中国では、これまでに鳥インフルエンザ(H7N9亜型)の流行の波が2回起こっており、大部分のヒト感染例は、活家禽市場(生きた家禽を売る市場)でインフルエンザに感染したニワトリと接触したことが原因だと考えられている。新型H7N9の流行可能性は、公衆衛生上の重要な問題である。ただし、家禽のH7N9亜型感染の影響が軽微で、アジア全土の動物病院が利用できる情報の少ないことが、活家禽市場の積極的な監視の妨げになっていた。

今回、Marius Gilbertたちは、中国国内の活家禽市場の全数調査をまとめ、ヒトと家禽について確認されたH7N9亜型感染例に関する最新の記録をまとめた上で、これらのデータとさまざまな地理的パラメーターと環境パラメーターを利用して、中国国内の活家禽市場でのH7N9亜型の感染リスクを正確に予測する詳細な統計モデルを作製した。そして、このモデルをアジア全土に外挿したところ、これまでにH7N9亜型感染が発見されたことのない中国の特定の都市部、ベンガル地方の広範な地域、ベトナムの大河川デルタ地域、インドネシアとフィリピンの一部で感染リスクが最大となった。

今回の研究は、これまでより広範なデータセットと統計解析を用いて、これまでの研究を一歩進めたものであり、アジアでの監視システムの優先順位付けを容易にすると考えられる。

A statistical model that identifies regions across Asia with high risk for infection with avian influenza H7N9 is reported in Nature Communications this week. The model may help current efforts for surveillance and control of this important disease.

Two epidemic waves of bird flu of the H7N9 type have so far affected China and most human cases are thought to be the result of exposure to infected birds in live-poultry markets. The potential for a new H7N9 epidemic is an important public health issue. Active surveillance of markets is hampered by the mild effects of H7N9 infection in poultry and by the limited resources available to veterinary services across Asia.

Marius Gilbert and colleagues compiled an extensive census of such markets in China and the most up-to-date records on confirmed cases in humans and poultry. They then used these data, together with a variety of geographical and environmental parameters, to develop a thorough statistical model that accurately predicts the risk of H7N9 infection in live-poultry markets in China. Extrapolation of the model across Asia indicated that the areas with highest risk include certain urban areas in China where the disease has not yet been detected, an extensive area in Bengal, the Vietnam river deltas, and areas of Indonesia and Philippines.

The present work goes beyond previous studies by using more comprehensive datasets and statistical analyses, and should facilitate the prioritisation of surveillance systems in the region.

doi: 10.1038/ncomms5116

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度