Research press release

【幹細胞】ヒト幹細胞から光を感知する網膜を作り出す

Nature Communications

Stem cells: From human stem cells to light-sensing retinas

光を感知できる網膜組織が、ヒトの誘導多能性幹細胞から作り出され、その結果、ヒトの網膜の発生と失明の原因疾患を調べるためのシステムが得られた。この成果を報告する論文が、今週掲載される。

数多くの形態の失明は、網膜での光の感知に関わっている視細胞の機能異常や喪失を原因としている。誘導多能性幹細胞(iPS細胞)は、こうした疾患のモデル化や治療薬候補として大きな可能性を秘めている。そして、これまでの研究で、視細胞を含む網膜組織を培養ヒトiPS細胞から作製できることが明らかになっていた。

今回、Maria Valeria Canto-Solerたちは、次の段階に進み、発生中のヒトの眼と解剖学的構造が類似し、生物の視細胞と同じように光に応答する視細胞を含む網膜組織をヒトiPS細胞から作製できることを明らかにした。

今回の研究は、ヒトiPS細胞を治療に用いる可能性を直接検証していないが、期待されているヒトiPS細胞を用いた疾患モデルの作製を実現に近づけており、未来の治療法の開発に向けた一歩となった。

Retinal tissue with the capacity to sense light has been generated from human induced pluripotent stem cells, a study published this week in Nature Communications reports. This work provides a system to study human retinal development and diseases that cause blindness.

Many forms of blindness result from the dysfunction or loss of cells, called photoreceptors, which are responsible for sensing light in the retina. Induced pluripotent stem cells (iPSC) hold great potential for the modelling of these diseases, or as potential therapeutic agents. Previous studies have shown that it is possible to generate retinal tissue, including photoreceptors, from human iPSCs in a culture dish.

Taking the next step, Maria Valeria Canto-Soler and colleagues, show that human iPSCs give rise to retinal tissue that resembles the anatomy of the developing human eye and contains photoreceptor cells that respond to light in a similar way to those in living organisms.

While the work did not directly test the therapeutic potential of these cells, it brings us closer to the anticipated use of human iPSCs for disease modelling and is a step towards developing future therapies.

doi: 10.1038/ncomms5047

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度