Research press release

【発生生物学】胚の輸送が硫化水素によって調節されている

Nature Communications

Developmental Biology: Hydrogen sulphide regulates embryo transport

初期胚が卵管(ファロピウス管)を通って子宮へ輸送される過程が、硫化水素シグナル伝達によって調節されていることが明らかになった。今回の研究では、子宮外妊娠と関連づけられてきた卵管輸送障害の根底をなす機構の解明が進んだ。詳細を報告する論文が、今週掲載される。

硫化水素は、アミノ酸の一種であるL-システインから3種類の酵素を介して生成され、3種類の酵素のうちの2種類は、哺乳類の雄と雌の生殖系に存在することが確認されている。

今回、Jingxin Liたちは、妊娠中のマウスにおける硫化水素シグナル伝達を薬理学的または遺伝的に遮断すると、異常妊娠が起こることを明らかにし、硫化水素を放出する薬物を投与して、異常妊娠を防いだ。

さらに、Liたちは、ヒトの卵管の切除サンプルを用い、硫化水素の産生を阻害することで卵管の運動性を抑制した。それに加えて、子宮外妊娠の女性の卵管上皮において硫化水素シグナル伝達が亢進しているという観察結果も得られた。この結果は、硫化水素代謝の調節異常が関係している可能性を示唆している。

The transport of early embryos through the fallopian tubes and into the uterus is regulated by hydrogen sulphide signalling, according to a study published this week in Nature Communications. The study enhances our understanding of the mechanisms underlying impaired tubal transport, which has been associated with ectopic pregnancy.

Hydrogen sulphide is produced from the amino acid L-cysteine by three enzymes, two of which are present in male and female reproductive systems.

Jingxin Li and colleagues show that pharmacological or genetic disruption of hydrogen sulphide signalling in pregnant mice resulted in aberrant pregnancies. The authors then prevented this by administering a drug that releases hydrogen sulphide.

In addition, the authors suppressed fallopian tube motility in excised human fallopian tube samples by inhibiting the production of hydrogen sulphide. They also observe that hydrogen sulphide signalling is upregulated in the fallopian tube epithelium of women with ectopic pregnancies, suggesting that dysregulation of hydrogen sulphide metabolism might be involved.

doi: 10.1038/ncomms5107

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度