Research press release

【材料科学】クモの牙の構造的解析

Nature Communications

Materials science: Spider fangs get to the point

クモが獲物を攻撃して、動けなくさせる効率を裏打ちする牙の構造的機構が明らかになった。詳細を報告する論文が、今週掲載される。

クモの牙は、高い機械的応力に耐えられなければならないが、そのために独特な構造が進化している。今回、Benny Bar-Onたちは、大型のシボグモ類の一種であるブラジルドクシボグモ(Cupiennius salei)の牙を用いて、シミュレーションに基づいた実験を行い、この牙の構造が効率的な狩猟の道具に生かされる過程を解明した。

今回の研究では、自然に進化した牙の構造によって、高度に適応した有効構造剛性と損傷からの回復力が得られたことが示されている。この結果は、クモの牙の機能についての解明を進めるだけでなく、自然に見られる、さまざまな先のとがった付属肢(毒針、歯、爪)に関する知識の幅を広げる可能性もある。

The structural mechanics of spider fangs, which account for the efficiency with which spiders can attack and disable their prey, is revealed in Nature Communications this week.

The fangs of spiders must be able to withstand high mechanical stresses, for which they have evolved a unique architecture. Benny Bar-On and colleagues used simulation driven experiments on the fangs of a large wandering spider, Cupiennius salei, to understand how this architecture translates into an efficient hunting tool.

The study indicates that the naturally evolved fang structure results in highly adapted, effective structural stiffness and damage resilience. As well as enabling understanding of the function of spider fangs, these results may provide broader insight into a variety of sharp edge appendages seen in nature, including stingers, teeth and claws.

doi: 10.1038/ncomms4894

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度