Research press release

【植物科学】作物収量に対するエルニーニョの全球的影響

Nature Communications

Plant science: Global impact of El Nino in crop yields

ダイズやイネなどの主要作物に対するエルニーニョ/南方振動(ENSO)の全球規模での影響を示した論文が、今週発表される。ENSOに関する季節予報の信頼性の高さを考えると、世界の作物収量の特異的変動をENSO期と関連づけることにより、食料供給量の監視と飢餓早期警報システムを改善できる可能性がある。

エルニーニョ年とラニーニャ年には、熱帯太平洋東部の海面水温の変化が、異常な気温パターンと降雨パターンをもたらし、それぞれの地域次第で作物収量に正または負の影響を及ぼすことが分かっている。しかし、収量に対する全球規模でのENSOの影響は、この現象の全体的な影響を評価する地球地図がないため、まだ明確になっていない。

今回、飯泉仁之直(いいずみ・としちか )たちは、1984~2004年のトウモロコシ、ダイズ、コメ、コムギの収量に対するENSOの平均的影響を示す地球地図を公表した。今回の研究では、エルニーニョが 1) 米国南東部、中国、アフリカ東部と西部、メキシコおよびインドネシアのトウモロコシ、2) インドおよび中国の一部地域のダイズ、3) 中国南部、ミャンマーおよびタンザニアのコメ、4) 中国の一部地域、米国、オーストラリア、メキシコ、およびヨーロッパの一部地域のコムギに負の影響を及ぼすことが示された。これらの事象は、反対に 1) ブラジルとアルゼンチンのトウモロコシ、2) 米国とブラジルのダイズ、3) 中国の一部地域とインドネシアのコメ、4) アルゼンチン、南アフリカおよび一部地域のコムギなどにおいて、世界の収穫面積の30~36%で作物収量に正の影響を及ぼしていた。また、世界の全作物収量に対する正負の影響はラニーニャよりエルニーニョの方が大きいが、コメとコムギの世界的な平均収量に対する深刻な負の影響は、エルニーニョよりラニーニャの方が大きいことが指摘された。

飯泉たちは、今回の研究で概要を示した地図により、輸出依存国の中央政府が、現在および予測されているENSO期をもとに地域貿易と備蓄を管理し、消費者への手頃な価格の食料供給を確保することが可能になると考えている。

The effects of El Nino Southern Oscillation (ENSO) on major crops, such as soybean and rice, on a global scale are presented in an article published in Nature Communications this week. Given the high reliability of seasonal ENSO forecasts, linking specific variations in global crop yields with ENSO phases has the potential to improve monitoring of food availability and famine early warning systems.

During El Nino and La Nina years, changes in the sea surface temperature of the eastern tropical Pacific Ocean lead to anomalous temperature and precipitation patterns that are known to affect regional crop yields both positively or negatively, dependent on the region. However, the impacts of ENSO on yields at global scale are yet to be concluded due to a lack of global maps assessing overall impacts of this phenomenon.

Toshichika Iizumi and colleagues present a global map of the mean impacts of ENSO on the yields of maize, soybean, rice and wheat from 1984 to 2004. Their findings show that El Nino has had a negative impact on the following: maize in south eastern USA, China, East and West Africa, Mexico and Indonesia; soybean in India and in parts of China; rice in the southern part of China, Myanmar and Tanzania and wheat in a portion of China, USA, Australia, Mexico and parts of Europe. Conversely, these events have had positive impacts on crop yields found in up to 30-36% of harvested areas worldwide, including: maize in Brazil and Argentina; soybean in the USA and Brazil; rice in parts of China and Indonesia, and wheat in Argentina and part of South Africa. Although the authors show that overall global crop yields are more affected both positively and negatively by El Nino than by La Nina, they note that La Nina has more severe negative impacts on global mean yields of rice and wheat than El Nino.

The authors suggest that the maps outlined in this work may enable national governments in import-dependent countries to manage regional trade and storage and ensure supplies of affordable food for consumers, based on the current and forecasted ENSO phase.

doi: 10.1038/ncomms4712

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度