Research press release

医学研究:母親の食事が子どものDNAメチル化に影響する

Nature Communications

Medical research: Mother’s diet modifies offspring DNA

受胎時の母親の食事の違いが、子どもの特定の遺伝子におけるDNAメチル化に影響することが明らかになった。この結果は、母親の食事が、その子のDNAに持続的変化を生じさせ、それが、理論的には、子の発達に影響する可能性があることを示している。この結果を報告する論文が、今週掲載される。

今回、Branwen Hennig、Robert Waterlandたちは、気候変動のために雨季と乾季の食事が極端に変化するガンビア農村部の女性の研究を行った。その結果、この地方の女性が雨季に受胎した乳児が、乾季に受胎した乳児と比べて、研究対象となった6個の遺伝子全部においてメチル化レベルが高かった。そして、母親が受胎した頃に採取した血液から検出されたバイオマーカーを用いて、メチル化パターンを予測できることを明らかにした。

今回の研究では、子どもに生じるDNAの修飾の原因が母親の食事であることが明らかになったが、このDNAの修飾が、子どもの健康と福祉に対する長期的効果につながるのかどうかを断定するには、さらなる研究が必要となる。

Variations in maternal diet at the time of conception affect DNA methylation at specific genes in offspring reports a study in Nature Communications this week. This indicates that a mother’s diet causes persistent changes of the DNA of her children, which could, in theory, influence their development.

Branwen Hennig, Robert Waterland and colleagues studied women in rural Gambia who encounter extreme differences in diet throughout the year caused by climate changes during rainy and dry seasons. They find that infants conceived by these women during the rainy season have higher methylation levels in all six genes studied than those infants conceived in dry season. They show that this pattern can be predicted using biomarkers detected in the mother’s blood that was collected around the time of conception.

While this study determines that DNA modifications in offspring do occur due to maternal diet, further research will be required to establish whether these changes translate to long-term effects on children’s health and well-being.

doi: 10.1038/ncomms4746

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度