Research press release

化学:指紋分析のためのポリマー

Nature Communications

Chemical sciences: Polymers for fingerprint analysis

微量の水分に即座に反応して蛍光発光し、色が変化するポリマーが開発され、指紋分析法に役立つ可能性のあることを報告する論文が、今週掲載される。このポリマーを用いた検出法は、ヒトの指先の個々の汗孔を検出できるほど感度が高く、指紋の詳細なカラーコピーが得られる。

指紋を検出する手段として汗孔を用いるという発想は、法医学の発達の初期段階で提唱されていたが、低コスト、迅速かつ高い信頼度で汗孔のマップを作成する方法は、実現が難しかった。今回、Jong-Man Kimたちが開発した単純なポリマーを用いた材料は、インクジェット技術でプリントでき、指が触れると、直ちに反応して、正常に機能している汗孔と活動していない汗孔の区別がつくほどの感度があると報告されている。

指紋は、通常、指先の紋理パターンによって形成されており、高い信頼度で指紋分析を行うためには、指紋のかなりの部分が必要となる。これに対し、汗孔を用いると、たとえわずかな潜在指紋からでもパターン認識が可能となり、このことは、今回開発された方法で、これまで以上に詳細で信頼度の高い指紋分析を行える可能性を示唆している。

A polymer that gives an instantaneous fluorescence and colour change in response to tiny amounts of water could prove useful for in fingerprinting techniques, reports a paper published in Nature Communications this week. The method reported in this work proved sensitive enough to detect individual sweat pores in the human hand leading to detailed colour-based copies of fingerprints.

The idea of using sweat pores as a means of fingerprint detection was proposed early on in the development of the science, but inexpensive, rapid and reliable methods to map pores have proven difficult to achieve. Jong-Man Kim and colleagues now describe a simple polymer based material that can be printed with ink-jet technology and, when a finger is presented, gives an immediate response, sensitive enough even to distinguish functioning pores from those that are inactive.

Typically the ridge patterns on fingertips are used for generating fingerprints, and these require large portions of the fingerprint for reliable analysis. Using sweat pores allows pattern recognition with even small fractions of the latent print, which suggests that this method may provide for more detailed and reliable fingerprinting.

doi: 10.1038/ncomms4736

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度