Research press release

【がん】がん治療に細胞のエネルギーを利用する

Nature Communications

Cancer: Harnessing cell energy for cancer treatment

腫瘍部位で薬剤を放出する引き金として、がん細胞内部の「エネルギー分子」を使用する薬剤担体が、マウスにおいてがん治療に成功したことを報告する論文が今週掲載される。これらの知見は、がん治療の別の戦略になるかもしれない。

ナノ粒子は薬剤を腫瘍に送達できるが、腫瘍細胞を選択的に標的とするためには改善が必要である。がん細胞では、代謝のエネルギーとなるATPレベルが高いことが多く、これを治療に利用できる可能性があった。Zhen Guたちは、細胞内の高いATPレベルが、化学療法薬ドキソルビシン放出の引き金となるナノ粒子担体について説明する。ATPが存在する場合に、この担体は変形することで、ドキソルビシンの放出を引き起こす。このアプローチが、培養細胞およびマウスにおいて、ドキソルビシン誘発性のがん細胞死を増強することが分かった。これらの知見は、がん細胞へ化学療法薬を送達する新しい戦略となるかもしれない。

A drug carrier that uses the ‘energy molecule’ inside a cancer cell to trigger release of drugs at the tumour site is reported to be successful in treating cancer in mice. These findings, published in Nature Communications this week, may provide another strategy for treating cancer.

Nanoparticles can deliver drugs to tumours but improvements in selectively targeting tumour cells are required. Cancer cells often have high levels of ATP that provides energy for metabolism and this could be exploited for treatment. Zhen Gu and colleagues describe a nanoparticle carrier that relies on high levels of ATP to trigger the release of the chemotherapeutic agent doxorubicin. In the presence of ATP the carrier can undergo a change in shape resulting in the release of the drug. They find that this approach enhanced doxorubicin-induced cancer cell death in the laboratory in cultured cells and in mice. These findings may result in new strategies for delivering chemotherapeutics to cancer cells.

doi: 10.1038/ncomms4364

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度