Research press release

【進化】熱帯雨林の狩猟採集民に対する農業の影響

Nature Communications

Evolution: The impact of farming on rainforest hunter-gatherers

アフリカにおいて農耕民と農耕民が持ち込んだ農業が熱帯雨林の狩猟採集民に与えた影響を調べた研究の結果を報告する論文が掲載される。今回の研究は、農業が熱帯雨林の狩猟採集民と農耕民の集団に与えた影響を明らかにし、この2つの集団の間で最近起こった遺伝的交換を明確に示している。

アフリカ中西部では、今からおよそ5000年前に農業が出現し、それによって、サハラ以南のアフリカ全体で、運動量の少ない農耕型生活様式の拡大が始まった。しかし、一部の熱帯雨林の狩猟採集民集団は、移動集団の生活を続けた。農業文化と技術の拡散が熱帯雨林の狩猟採集民の人口統計学的歴史に及ぼした影響の全容は、ほとんど解明されないままになっている。

今回、Lluis Quintana-Murciたちは、サハラ以南のアフリカにおいて、現代の熱帯雨林の狩猟採集民と農耕民のゲノム規模の一塩基多型データを生成し、この2つの集団について、遺伝的多様性と集団間の進化的関係を調べた。その結果、この2集団間の遺伝子流動が、過去1000年間に限られていたことが判明した。このことは、2集団間での当初の相互作用が、社会経済的発想(例えば、道具や植物栽培技術)の交換に限定されていたことを示唆している。さらに、今回明らかになったゲノムの特徴は、アフリカでの農耕民集団の増加が農業の出現の前から起こっており、従って、農耕民の増加は農業の出現によるものとはいえないことを示唆している。

The effect that agriculturalists, and the farming that they introduced, has had on rainforest hunter-gatherers in Africa is explored in a paper in Nature Communications. The study sheds light on the social impact that farming has had on these populations and highlights the recent genetic exchange that occurred between the two groups.

The emergence of farming in West-Central Africa approximately 5,000 years ago initiated the spread of an agricultural and sedentary lifestyle throughout sub-Saharan Africa. However, some rainforest hunter-gatherer populations continued to live as mobile bands and the full extent of the effect that the dispersion of agricultural culture and technology has had on the demographic history of rainforest hunter-gatherers remains largely unknown.

Lluis Quintana-Murci and colleagues generated genome-wide single nucleotide polymorphisms data from present day rainforest hunter-gathers and agriculturalists across sub-Saharan Africa to study the genetic diversity and evolutionary relationship between these populations. They find that the gene flow between the two groups occurred only in the last 1,000 years, suggesting that initial interactions between the populations were limited to the exchange of socio-economic ideas, such as tools and plant cultivation techniques. The genomic signatures further suggest that the expansion of African farming populations occurred before, and therefore cannot be attributed to, the emergence of agriculture.

doi: 10.1038/ncomms4163

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度